SEGA SC-3000/SG-1000版【麻雀】を楽しむ その1

MAHJONG

For お父さん対策「麻雀」。

5/71本目。1983年登場。カートリッジ。

型番「G-1004」が示す通り、家庭用セガ初期のゲーム。箱はビックサイズで、カートリッジのラベルはさみしい仕様です。タイトル画面のシンプルさにもびっくりしましたが、どうやら画面がおかしいわけではなさそうです。所々黄色くなっているのが、ある意味すごい…

ゲーム画面では「SEGA麻雀」となっているが、それ以外は「麻雀」で統一されている。

箱の中はこんな感じ。

1ゲーム東南回しで計8回です。」と記載されている。半荘じゃないのは珍しい。

ちょっと取り込みの画像が明るすぎたか、目が痛い…

いきなりあがられる。

子供があがるまで親が連荘する仕様なので、下手するとかなり長い…

ようやく初あがり。

ガツガツあがる。もちろんゲームは進まない…

ようやく相手があがって、親が流れる。むしろ、ほっと一安心…

こちらもサクッとあがって流す。ここで終わらないのがこの麻雀。まだ半分。

TIME」が表示されているが、実際の時間とは少し違うようだ。

手が悪かろうがさっさとあがる…

ようやく終わりが見えてきた…

高めを待つことなく即あがり!!

実際は1時間近くかかった…

勝利のご褒美も無くこの画面…

普通にまた始まる…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください