ファミコン版【ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 後編@任天堂】を楽しむ その1

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者

80/1252本目は、恐怖の伝説が現代によみがえる…「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 後編」。

発売は任天堂。1988年6月登場。

日曜日は、ゆっくり、まったり、アドベンチャー。前編のその1その2その3その4その5の続きです。前編を持っていないと遊べないくらいの続きです。普通に後編から遊べても構わない気はするのですが、前編から書き換えられるのを防ぐ為!?まさか、任天堂自身がそれをしちゃったら…

変わり果てた「じろう」…

そんな「じろう」の前で聞き込み…

怒る「あずさ」。そりゃあね…

まだ降ろされない「じろう」。

結局最後まで「じろう」の前で聞き込み…

あやしろけ」に戻り、「神田事務所」に電話したところ。これで「神田事務所」への道が開ける。

あかね」が「じろう」の免許証をくれる。

「じろう」と会っていたのが弁護士の「かんだ」だとわかる。

明神駅」。後編になって、ちらほらビジュアルが変更されている。

くまだいいん」。

見返り「くまだ」はもう見られないのか…

残念ながら「あかね」は実家へ帰ってしまった…

今回はここまでか…

事務所に戻って、「あゆみ」とまとめ…

続く…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください