PCエンジン版【ギャラガ’88@ナムコ】を楽しむ その2

Galaga’88

その1に引き続きその2。去年の夏以来、久しぶりに遊んでみました。「ギャラガ」の雰囲気を継承し、グラフィックやゲーム性が見事に進化している。PCエンジン版は普及したこともあってかなりリーズナブル。個人的にはオススメの一本。

最初から「デュアルファイター」を選択可能。

デュアルファイターが捕獲されるところ。

合体…

トリプルファイター」。

花火が鳴りまくるボーナスステージのパーフェクト。

巨大な敵とのバトル。’88の進化の一つ。

鮮やかなステージも見応えある。

ボスコニアン」な背景。

19面。

20面。

捕獲されたまま…

進行ルートの表示。

ハイスコア表示。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

4件のコメント

  1. テラドライバー

    これのPCEオリジナルモードで遊ぶと連射数がどんどん追加されていくんですよね。
    PCEのターボパッドって20回/秒の連射なんですが、改造して30回/秒にする事が出来ました。
    そのパッドでオリジナルモードを遊ぶと弾幕が張れて爽快感が一気に上がります。

    AC機ではFM音源なんですがPCEでもあの雰囲気を崩すことなく
    曲を再現してしまうのは流石波形メモリ音源を使いこなすナムコだなと感心させられます。
    あのギャラクティックダンシングの存在がこのゲームのすべてなんじゃないかと。

    返信
    • ストリームマン

      連射のお話は裏ステージでの白カプセルのことでしょうか?
      ターボパッドの改造も込みで弾幕とか凄いですねww

      ナムコのサウンドは波形メモリでも変わらず素晴らしいと。
      遊ぶ方としては「有難や」ですw

      返信
  2. テラドライバー

    白カプセルだったような?ワープ条件を整えた後にクリアすると最後に出てきたような。
    ミスると連射数が落ちるのでノーミス以外は即リセットしてました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください