ファミコン版【ツインビー@コナミ】を楽しむ その4

TwinBee

その1その2その3に引き続きその4。今回は前回クリア出来なった事実上のラストステージ5面に再チャレンジ。

バリア」と「3-WAY」が攻略的には楽です。なんと言ってもミスが許容されるのは大きいです。

ここの「モアイ」は…

ミルク」。

ここの「モアイ」は…

キャンディ」。

コナミ」のビル手前で…

5面ボス「スパイス大王」登場。

こいつを倒せば…

やった!!エンディングか!?

え?

え!?

はい。残念ながらエンディングは無く、シレッと2周目が…

集中力が切れたか、攻撃の激しさか…

それでも「100万点」だけは達成したいので…

ゲハ!!

無事に100万点は突破。

残念ながら2周目をクリアしても3周目がシレッと始まるとか…

コナミの代表作だけにエンディングは欲しかったけど、何だかんだ遊べるゲームでした。ポイントは「バリア」と「3-WAY」の「キャンディ」。更に敵の動きを覚えることと、「スピードアップ」を取り過ぎないことです(笑)


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

4件のコメント

  1. テラドライバー

    スピードアップは取り過ぎない事・・・最大の難関ですわ
    トゥルルル、トゥルルル、テッテレー、テレレレ~、中毒症状が有るファンファーレなんですが・・・。
    それに続くテンションアップのBGM。我慢するのがつら過ぎる。

    BGM3chのうち1ch分がBGMとショット音で共有されてるので弾を打たないでいるとBGMが豪華になります。
    コナミ、ハドソン、ナムコはこの手法を多用するので、BGMを聞く場合はお試しあれ。

    返信
    • ストリームマン

      恐ろしい中毒ですなw
      本当によくぞあんなファンファーレを考えたものです。
      それがツインビーなんだと思いますがw

      ショットを打たないのも厳しいですね。
      にしてもBGMが豪華になるとは完全に盲点でした。。。

      返信
  2. テラドライバー

    分りやすいゲームで言えばハドソンだとスターフォース、スターソルジャー、迷宮組曲。コナミとナムコはほぼすべてのゲーム。
    メロディーラインに対して音程を変えたメロディーを重ねていてこちらがSEと共有されてます。
    ベース音はゲームのノリを維持する為に常に鳴ってます。

    そういえば・・・ドラクエ1は基本的に2音なんですが確か竜王のテーマだけ3音使っていたような?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください