ファミコン版【オホーツクに消ゆ@ログインソフト】を楽しむ その4

北海道連鎖殺人事件 オホーツクに消ゆ

その1その2その3に引き続きその4。続きのプレイです。前回は「怪しい女」を追って、まりもや旅館まで来たところ。

女は「トドワラ」のことを聞いたという。

女を追ってトドワラへ…

解決かと思いきや、4人目以外の3人に関しては白だった。

事件は振り出しに戻るも、「しらき」が湖に関係していたことが判明。

「くっしゃろこ」。「しらき」に「わごとおんせん」のことを教えた人から証言あり。

わごとおんせん。「てちょう」を発見。

二人の犠牲者と「阿久津秀雄」、「奥村紀助」の名前が記載されている。

「なかやまめぐみ」登場。「ますだ」の写真が「まきこ」の父に似ていること、まきこの妹が亡くなっていること、まきこの住所と電話番号を教えてくる。

まきこの父が「コロポックリ」に努めていることが分かる。

部屋で発見した「てがみ」から、まきこが事件に関係していることが発覚。

手紙の送り主、「おくむら」が「もんべつ」に住んでいることが分かる。

アルバムから。まきこの父親は「ゲンさん」だった。

コロポックリ。ゲンさんは不在。ここでコロポックリの電話番号を教えてもらえる。

もんべつのまち。

てんぼうだい。「ゲン」さんと「まきこ」らしき人が目撃されている。

もんべつのみなと。

かんりじむしょ。ついに「ニポポ人形」が登場。

続く…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください