PCエンジン版【ドラゴンスピリット@ナムコ】を楽しむ その1

DRAGON SPIRIT

20/650本目は、ロマンシング・シューティングゲーム「ドラゴンスピリット」。

ナムコ。発売は1988年12月。Huカード

「日々是ファミコン」記念すべきPCエンジン20本目のゲームは、「ドラゴンスピリット」。当時「X68000版」をジョイスティック付きパッケージで購入した想い出深いゲーム。X68K版はディスプレイの向きを倒して表示する縦モード機能付きだったこともあり、前回遊んでみたのがこれ。「PCエンジン版には、裏技で縦画面モードがある」とコメントを頂き、今回改めて真四角モニターで表示のパターンを試してみました。

まずはゲームデフォルトのアスペクト比。

家庭用TVにあわせた横長の画面比。ちょっと違うと思ってしまうのは否めない。

そんな人にナムコが用意してくれたのがこれ。電源ONからリセットを50何回か繰り返していると、縦画面にチェンジします。

しっくりきます。ただ少しだけ横が長いです。さあ、このモードのまま真四角モニターの上下を全部使うとどうなるのか?

それがこれ。かなり縦長に…

今のワイドモニターを横に倒したような画面に…

最後にデフォルトモードのまま、真四角モニターの上下を全部使った場合。

縦の方が少し長くて、一番しっくりくるかも。

さあ、そんなこんなでPCエンジン版のゲームを遊んでいきましょう。PCエンジン版には「スピードアップ」のアイテムが追加されています。

主人公の「アムル」が「ブルードラゴン」に変身するシーンがカットされています。残念…

赤いアイテム」。3つ集めると「対空ファイアー」の攻撃力が2倍になります。

青いアイテム」。ドラゴンの首が1本増えます。

ファイアーブレス」。

攻撃力が8倍に。

1面ボスの「プレシオザウルス」もイチコロ。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

9件のコメント

  1. テラドライバー

    縦長画面だとAC版の画面みたいですねぇ。
    この頃からワルキューレの伝説あたりまでがHuCARDのPCEの全盛期だった気がします。
    自分の中ではドラゴンセイバーで一気に限界が来たようなそんな感じでしたね。
    namcoの勢いもなくなってきちゃったし。

    とはいえ、25000円のゲーム機でここまでのゲームが遊べてしまうってのは当時はかなり衝撃でしたね。
    ただやっぱり音源の厳しさはずっとついて回ったような。うまくアレンジして乗り切ってましたけど。

    返信
    • ストリームマン

      アーケードで言うとSYSTEM IからSYSTEM IIくらいの時代ですかね。
      ストIIが出始めた頃~鉄拳ぐらいまでは、ナムコ冬の時代ってイメージがありました。

      HuCARDも確かに91年までが全盛ですね。
      それ以降はかなりラインナップも少なくなってるし…
      何年も同じスペックのゲーム機で乗り切るのは難しいところでしょうか。
      CD-ROMの需要は別にありましたが、私もネオジオとか、別の方向を向いてました。

      返信
  2. テラドライバー

    ブラウン管だと1ドットの縦横比率が1:1じゃないから
    1:1の液晶ディスプレイだと縦横比率が変な感じになりますね。

    いま、MD用に使ってるのがテラモニターで
    これが14インチでしかも表面が湾曲しているタイプなので魚眼のような映り。
    しかもノンインターレース特有の水平ライン隙間がしっかりと空いてて。
    でも当時テーブル筐体はこれが当たり前だから「あ~、この大きさ、この感じだよ!」ってなります。

    当たり前なんですがドットをじっくり観察するとRGBのを寄せ集めてある。
    液晶ディスプレイとは違って1ドットの境目も案外あいまいだから映像に温かさが有るというか。
    CDとレコードの違いとでもいうのかな?ちょっとレトロチック。

    MDと接続するケーブルはRGBラインに抵抗とコンデンサを付けるだけ。
    同期信号はAC機と同じC-SYNCで反転・非反転両対応なのでそのままつけるだけ。お手軽です。

    返信
    • ストリームマン

      うちでも湾曲のブラウン管使ってますが、
      それ見てからトリニトロンとか見ると見ると逆に凹んでいるように見えますね。
      古いゲームばかりやっているのでブラウン管がやはり理想ですね。
      見えすぎずほどよい感じというか、やっぱりしっくりきます。

      問題やメンテナンスなんですよね。
      今も一台業者に修理をお願いしているのですが、
      液晶のようにお手軽に配送できないし、変えもきかないし。

      テラモニターは貴重ですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください