レトロゲームを【GV-HDREC@IO-DATA】で楽しむ その1

GV-HDREC

HDMI/アナログキャプチャーGV-HDREC。メーカーはIO-DATA

パソコンの周辺機器と言えばIO-DATA。特にPC-98時代にはとてもお世話になりました。そんなIOが出しているこれは、PC不要でゲームの画面がキャプチャー出来ちゃうデバイス。

こんな感じで色々なゲーム機を接続してプレイ動画がキャプチャできちゃいます。保存はUSBハードディスクにも出来るけど、お手軽なのでSDカードを使用。録画した動画から静止画も保存可能。とにかくパソコン要らずであれこれ済んでしまうのがとても便利

緊迫したボスとの対決。

弾に当たって死ぬ直前。

こんな感じで後からスクリーンショットが簡単に取得可能。スクリーンショット機能は、動画を再生してその場所までいかないといけないが、かなり高速の早送りが可能なのでそれほど苦にはならない。パソコン操作が億劫な方にはオススメ

個人的な問題点は…

  • AV入力からの録画は16:9でしか行えない
  • AV入力をHDMI出力した際の画質がいまいち

またAV入力からHDMIへ出力する際も16:9でしか行えず、4:3画面で遊びたい場合、表示画面側で4:3に切り替えしないといけない。また、HDMI入力とAV入力の切り替えをいちいちメニューから行うのも面倒。

AV入力からのキャプチャ画面は16:9になってしまう。オリジナルに近い画面比率にするには、PCでの編集が必要になってしまう。

AV入力なので元々の画質は高くないが、もう少しだけ頑張ってもらいたい。

とはいえ、とても使い勝手が良いデバイスなので、目下大活躍している。

お値段的にもリーズナブル。だと思う…




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください