アーケード版【ギャラガ@ナムコ】を楽しむ その1

GALAGA

想い出のスペースゲーム「ギャラガ」。

メーカーはナムコ稼働開始は1981年9月。

今月のアーケード基板は「ギャラガ」。ファミコン版ギャラガに続く登場。

ストリームマン的には、幼い頃の想い出が詰まった「メモリアルゲーム」だ。記憶の中で「一番最初にプレイしたアーケードゲームでもある。その記憶は、後にも先にも無い家族全員旅行の記憶と一致している。どこかの温泉旅館にひっそり置かれていたのが「ギャラガ」である。そこで姉と一緒に遊んだ記憶。これが一番古いアーケードゲームの記憶。そんな当時の面影を追いかけ、基板に手を出してしまうのも致し方ないだろう…

ファミコン版ギャラガとの一番の違いは、見ての通り画面の向きだろうか。ギャラガは本来「縦モニター」だが、ファミコン版はテレビの都合で横画面になっている。

CPUに「Z80A」が使用されている。

左上に「ディップスイッチ」。右側の基板は、「JAMMA標準ハーネス」を接続するための変換アダプタ。トップスで購入したものだが、本投稿執筆時点で売り切れ…

2枚基板の反対側。こちらにも無数のICが存在する。変換基板の「6ピン端子」を接続している。

説明書のコピー。「ギャラガのロゴ」が記載されているが、ゲーム上には見当たらなかった。説明書の中身は、回路図などが記載されている。

大小「インストカード」のカラーコピー。「立て!銀河戦士!」というキャッチが勇ましい。

電波新聞社」の「ALL ABOUT namco」。敵の動きなどが細かく解説されている。見てるだけでも楽しくなる。

ファミコン版には無いデモ。「ボス」撃破時のスコアについて解説している。

3機編隊の時に倒すと「1600点」。2機編隊時は「800点」。ルールはファミコン版も一緒。

GALAGA」と「1981」の表記と表示されている。これが事実上の「タイトル画面」だろうか。ちなみにファミコン版の「タイトル画面」は出てこない。

コインを投入したときの画面。「PUSH START BUTTON」の文字があるため、こちらも「タイトル画面」候補と言えるかも。右下の面を表す勲章は前回プレイのものが残っている。

ゲームの中身については「その2」でお会いしましょう…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください