ファミコン版【イー・アル・カンフー@コナミ】を楽しむ その1

イー・アル・カンフー

24/1252本目は一・二・カンフー「イー・アル・カンフー」。

オレンジ箱がやたら懐かしい。メーカーはコナミ発売は1985年4月。

ゲームはご存じの通り、敵と1対1で戦い、勝ち抜いていくカンフーゲーム。ファミコン版の敵は5人。

棒術使いの王(ワン)。画面の端から跳ね返るところを狙う。

火炎術師の桃(タオ)をぼこった所。笑顔の李(リー)。

強敵、くさり使いの陳(チン)。間合いが大事。

ボーナスステージ。

手裏剣使いの藍(ラン)。手加減無しのふるぼっこ。

謎の男、呉(ウー)。「スイー」と音も無く飛ぶ男。

間合いが悪いとこの通り…

後ろに回ろうとする時に攻撃するのがポイント。

5面クリア毎に銅鑼を鳴らす李。

2周目。周毎に背景の色が変わる。3周目、4周目も背景色が変わって普通に続く…

改めて遊んでみるとガードが出来ないのに慣れない。敵の飛び道具類についてはパンチやキックで落とせるのだが、それもついついガードしてしまう(出来ないけど)。派手な必殺技も存在せず、とにかく間合いを見切るのがコツ。中華風のミュージックと「アポーアポー」という効果音は、これぞ「イー・アル・カンフー」と言える軽快なサウンドだ。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください