PCエンジン版【R-TYPE II@ハドソン】を楽しむ その3

R-TYPE II

頑張って攻略継続です。前回で宿願の6面クリアを果たすことが出来ました。ついにR-TYPE最大の難関7面に挑みます。果たして宿願の後にある最大の難関とは…

いやいや確かに6面クリアに長い年月を費やしましたが、一旦パターン熟知すれば、それなりにクリア出来たりします。しかし7面に至ってはそれが少し厳しい感じに。7面後半の復活パターンはシューティングの腕が試される作りとなっております。

まずは最初の画像の所に自機を持って行くところから。ここでジッと耐え凌ぎ、左下のロボットが諦めて左側に移動するのを待つ。ここでロボットが諦めないパターンは気分的にかなり負けパターン…

すぐさまこの場所に。ここで青い砲台を2体撃破しつつ少し自機を上に持ち上げる。一番下にいると下からの「ゴボゴボ(なんのこっちゃ)」に持っていかれることもあるので。何にしても自機を少し上に上げてから暫く赤雑魚の弾丸嵐に耐える!!

ここがこの面の正念場。

少し落ち着いてきたら隙を見て上に。クリア率もグンと上昇。

デカイロボットとの一騎打ち。ボス前ラストです。撃破出来ればお馴染みのボスミュージックが…

ここです。この位置。もはや普通に頑張る集中力も腕もありません。

喰らいません。ので青い部分に波動砲を小刻みに発射します。

あ、弾丸が…

喰らいません。ただし、少しずれたり、敵の気まぐれなのか、弾を食らうときもあり…

その時は涙をこらえて再度復活パターンに挑みましょう…

次回予告…

昭和63年発売から、32年の年月を経たPCエンジン「R-TYPE」。攻略なるか!?

乞うご期待!!


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋クラシックPC研究会クラシックPC研究会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください