X1ソフトを【X1turboIII@シャープ】で楽しむ その1

X1turboIII CZ-870CB

1MBフロッピー搭載!!ターボの系譜を受け継いで、さらに実力アップ。ターボIII登場。

X1には、X1の系譜、ターボの系譜、ターボZの系譜と3系統ありますが、本機種はターボ系譜の最終形態です。フロッピーが2HD対応となったturboIIIですが、数ヶ月後に「X68000」発売が迫っていたというヤバイ時期、1986年末に登場しています。

何と言っても後に来るのが、あの「X68000」ですから、破壊力は抜群です。とは言え価格差は20万円もあったということで、turboIIIを買った方々はそれを理由に納得するしかなかったことでしょう…

カバーを開けたところ。ああ、これはX1だなと思える雰囲気です。X68Kではないので当たり前ですが…

turboIIIならではと言える2HDのFDD。

2台のFDDは同じ。緑のジャンパSWにより設定変更します。これは1stドライブ側。

ファン。ナットとネジでとめるタイプです。2本でとめられていましたが、オリジナルからそうだったのかは不明。固くてナットがガタガタになりそうだったので、装着したまま清掃。

バックアップバッテリー。

おさらばしました…

バッテリー跡。この後フラックスクリーナーでキレイキレイしました。

フロッピーボード。プリンターとジョイスティックの端子も同居しています。

X1唯一のFM音源ボード「CZ-8BS1」です。FM音源が本体に内蔵されるのはturboZからなので、かなりのユーザーがこのボードにお世話になったのではないでしょうか。

内蔵されているテロッパーボード。

ここに配置されます。どのくらい利用されたのでしょうか…

FM音源は拡張スロットに。出力はボードの端子から。

FM音源確認ゲームその1。

FM音源確認ゲームその2。PSG音源とのハモリが素敵です。PSG側の音は本体スピーカーから出力されるので、音量調整をそれぞれで行えるのが面白いです。

ご対面です。イースIIはturbo専用なので、X1系譜で頑張ったユーザーは会えませんでした…

X1turboのシステムディスクを起動したらエラーになりました。あ、2D/2HD問題かなと思い、turboIIIのマスターディスクを見てみたら、カビが…

そこから一時間ほど、カビとのバトルを繰り広げました。何と言っても2HDですから、同じ大きさのカビも威力は4倍。カビのディスクを挿入するのはやめましょう。危険です…

ちなみに、2HDのシステムディスクなら起動可能です。カビの無いディスクなら…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

2件のコメント

  1. テラドライバー

    フロッピーと言えばようやく3.5インチを発見しましたよ。ハードオフでTDKの物が1枚100円。
    もっと安いかと思ったら案外需要が有るのかもしれないですねぇ。
    ダイソーでも売ってるかと思ったらさすがにもう取り扱いはないみたいで。
    テラのプログラムを扱うにはフロッピー必須。メディアカードなんて使える訳もなく。

    DOS5.0あたりでDSUB25ピンのプリンタポート同士を専用ケーブルで繋いで
    お互いのディスクを読み書きするユーティリティもあったんですけどね。
    そんな物Windowsにあるわけもなく。確かインターリンクケーブルって名前だったかな。
    IASバスのLANボードでも探してくるかな・・・。

    返信
    • ストリームマン

      確かに3.5インチのフロッピーは1枚200円くらいしたりしますね。
      ハードオフで100円も頷けるかも。。

      それにしてもインターリンクって響き懐かしいですね。
      電気屋さんでバイトしてた時、あった気がします。
      パラレルポートのクロスケーブルだったのかな?

      ISAのLANボードって昔はジャンクで投げ売りでしたけどね。
      時代が変わると逆に探さないといけないという・・・

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください