MZソフトを【MZ-2500@シャープ】で楽しむ その4

MZ-2500

その3に引き続きその4。最強の8ビットMZ「Super MZ V2」でなく普通の「Super MZ」です。今回もレトロPC系の話題が続きます。最近は、時間があれば何かのメンテや動作確認をしております…

今回のメンテは初代MZ-2500の「MZ-2521」で、2ドライブmodelです。

正直、かなりの時間を掃除に費やしております。お陰様で内部はかなりクリーンに。外部も焼けや傷以外はそこそこ綺麗になりました。残るはホワイトニングですが、まずは正常動作の確認が先です。

お陰様でFDDもCMTも問題なし。要2ドライブの「信長の野望 全国版」もしっかり遊べました。

MZ-2500最大の弱点?と思われる「カンガルーポケット」も問題なし。モード切り替えなど、かなり重要な機能が搭載れているにも関わらず、内部ケーブルが薄いフラットケーブルなんですよね。ボリューム関係の影響か、スピーカーにノイズがのる個体も多いです。

完全ジャンクのMZ-2500から取り出したRAMとGRAMです。「テレシステムズ」から発売されていたと思われる「RM-25A-1」と「RM-25A-2」なのですが、それぞれシャープ純正の「MZ-1R26」、「MZ-1R27」と互換性があるようです。もちろん今回の「MZ-2521」に装着します。

こちらもジャンクから取り出した、辞書ROMカード(MZ-1R28)です。こちらも「MZ-2521」へ装着します。3枚もカードが出てきたら、完全ジャンクも完全ジャンクじゃないか…

あれ?そう言えば「MZ-2531」に辞書ROMカード刺さってたっけ?

と思って見てみたら、以下のカードが装着されておりました。

なんだろこのカード…

そして、その3で気になっていた「むむむ」問題ですが、なんと開発者様が連絡してくれました。「サンワサプライ SKB-L1UBK」の”]”、かなで言えば「む」のキーは、入力コードが想定と異なっていたようです。有り難いことに修正して頂ける事になったので、一安心。


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

3件のコメント

  1. テラドライバー

    中央に乗ってるのは2MbitのマスクROMだそうで。
    刺さってるケーブルが何処に繋がってるのかである程度は推測できそうですね。

    どれだけの種類の拡張カードが有るんだろ。マザーボードに好みの拡張カードを差してカスタマイズ。
    日本製のIBMPCって感じ。

    黄ばみは・・・沸騰重層水かセスキ水溶液で落ちるかもしれません。
    ただ一度目立たないところでの試しを・・・。

    返信
    • ストリームマン

      ツイッターで教えて頂いたのですが、辞書ROMにテレビコントロールが乗っかっているボードのようです。
      なのでケーブルの先もそのような場所に…

      そして黄ばみ。
      重曹やセスキでも可能性ありましたか。
      漂白剤だけでないんですね。
      有難うございます!!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください