X1ソフトを【X1F@シャープ】で楽しむ その1

X1F Model 20 CZ-812CR

疾走するグラフィックス」X1F発進。でお馴染みのシャープX1Fが登場です。

X1Fのラインナップは以下の通りです。

  • Model 10:カセットデータレコーダ(以降CMTと呼ぶ)搭載
  • Model 20:5インチFDD1基搭載

色は「ワインレッド」と「オフィスグレー」が存在します。

上画像のX1Fは2台とも「Model 20」です。念のため…

こちらはジャンクで手に入れたModel20。色々いじる前にクリーニングを実施。完璧ではないものの錆も除去。そこそこ清潔になると、親しみも扱いやすさもアップします。

とは言え、やっぱりジャンク。そう簡単には動いてくれません。電源は入るものの、ご自慢のFDDが動きません。FDDのランプは点灯するも、その後駆動する感じがしません…

保護の鉄板を外したFDDの中。そこまで汚れていませんでした。駆動部のレールもスムーズに動くし、見た目上問題無さそう…

試しに別のFDDを使ってみるも現象は同じ。

増設用のFDDを繋いで動かしても一緒…

こうなってくるとFDDよりも本体側が怪しくなってきます。ジャンク品だしねぇ…

むしろ、3台のFDDが一切動かないことが気になり、一旦ジャンクのX1Fを放棄。動作可能なもう一台で試してみることに。ここでこっちのX1Fもクリーニング。1日に2台も錆落としすることになるとは…

中々清潔なX1Fになったところで、先程のFDDを全て試してみる。幸いなことに全て正常動作。ジャンクX1Fに装着されていたFDDも問題なし。こうなるとジャンクX1F本体側に問題有りなのだが、それはまた別の機会にしよう…

折角なので2台目のFDDを増設することにしました。

増設用FDDはベゼル色違いしか持っていないので、FDD0用FDDのジャンパを変更して対応することに。この画像はFDD0用のジャンパ設定。

増設用のFDDに合わせてジャンパを変更。恐らくこれでFDD1として使えるのかと…

無事に2ドライブのX1Fとして動作しました。お遊びとカバー紛失を避けるため、余ったカバーをジャンクX1Fに仮装着。

動作可能なFDDが更に2台。勿体ないので、ジャンクX1Fの電解コンデンサーでも交換してみますかね。そのうち…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください