PC-8801ソフトを【PC-8801mkII@NEC】で楽しむ その3

PC-8801mkII

その1その2に引き続きその3です。PC-8801mkIIその後編です。

まずその2でうまくテープが読み込めなかったmodel-10のその後ですが、CMTを「AIWA」の「DR-2」に変えたら劇的に改善されました。その2で使用していたSNAYOのCMTでも読み込み自体は出来ていたので、相性問題なのか、ヘッドが微妙に汚れているのか、そんなところでしょうか…

何はともあれ、ゲームが起動できました。こちらは「ゼノン」。

「任天堂」の「ゴルフ」。ちなみに前回起動できなかった、「MARIO BROS. Special」も問題なしでした。

お次は、その1で微妙だった「太陽の神殿」の後追い調査。このゲームだけ起動に問題があったのですが、このゲームだけ上記のFM音源ボード「PC-8801-11」に対応しています。

ひょっとしてこのボードがヘタっている?

そんなわけで電解コンデンサーの交換をしてみました。

まずはC10からC12の3つ。

あとはC7の1つ。

結果…変わらずです…

FM音源ボードの音にも問題ないので、FM音源ボードは白のようです。こうなってくると、ディスクドライブかディスクそのものに問題がありそうです…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

2件のコメント

  1. テラドライバー

    DR2!懐かしい!
    本体の方ですが、ケースを閉めると起動しないって事なので、ケースを閉める事によって生ずる僅かな歪みが原因かも?
    と考えるとコネクタ類の接触不良、配線パターンの切れ、ハンダ割れ等の可能性もあるんじゃないかな?と思います。

    ちなみにコネクタ類の接触不良には樹脂対応のパーツクリーナーがおすすめ。
    ゲームのカートリッジの接触不良でもかなり良くなります。吹きかけた後に3~4回抜き差しするだけ。
    これを3回ぐらい繰り返す。

    あとレトロ機器で在りがちなボリュームのガリにも効果テキメンですよ。
    吹きかけた後に最小、最大を数往復させるだけ。

    テープリードエラーはPC側のカセットコネクタ、ケーブルのプラグ、データレコーダのジャックなんかも
    結構怪しいかもしれませんね。

    返信
    • ストリームマン

      やはりAIWAのDR2は定番ですかね。
      昔も使ってました。
      CMTケーブルは何本か別のを使ったり、同じケーブルによってもテープレコーダーによって差が出たので、あるとしたらレコーダー側のジャックかもですね。
      おいおいサンヨーのレコーダーもヘッドクリーニングしたりMSXでもう少し使ってみようかと思います。

      ディスクの話で、ケースを閉めるとうまくいく疑惑は最近なくなってきました。。。
      あの時は何なんだろうという。。。

      色々とありがとう御座います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください