ファミコン版【ぷよぷよ@徳間書店】を楽しむ その1

Puyo Puyo

105/1252本目は、eスポーツって何ですか?元祖系旧ぷよ「ぷよぷよ」。

発売は徳間書店。1991年10月登場。

令和になっても落ちものパズルの代表格「ぷよぷよ」。開発は「コンパイル」です。どのくらい認知されているのか知りませんが、対戦やキャラクター性を強化した「ぷよぷよ」は「新ぷよ」、それ以前のものは「旧ぷよ」などと言われているようです。「ぷよぷよ」は「ぷよぷよ」でしょ?と、言いたくなりますが、「旧ぷよ」と言われているMSX版とファミコン版は、確かにマイナーですね…

しかも、MSX版とほぼ同時に出たと言うディスクシステム版は、書き換え専用。1991年10月と言えば、ディスクシステムの中でもかなり後期の作品で、正規タイトル中でラスト3に発売されています。

ちなみに、説明書に描かれている「魔導物語」主人公と思われるキャラクターは、ゲームに登場しません。

説明書裏面。A4用紙1枚でしっかりゲームを説明できています。

ファミマガディスク Vol.5として登場していました。

モード選択画面。

ENDLESS」モード。ゲームオーバーまで無制限に続きます。画面は「ビッグプヨ」出現したところ。

「今プレイしても指が勝手に」なーんてことはありません。ストリームマンは、昔も今も下手くそです…

ゲームオーバー。

お次は「MISSION」タイプを…

出されたお題を達成すると、面クリアになるモードです。

CHARA.」で「HUMAN」を設定すると人型になります。ゲームは変わりませんが、なんか微妙ですね…

「MISSION」モードは52面まであるようです。


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください