PC-8801ソフトを【PC-8801mkII@NEC】で楽しむ その2

PC-8801mkII

その1に引き続きその2です。レトロPC界の悲劇PC-8801mkII。今回は、FDD非搭載のmodel-10です。

何が悲劇って、mkIIの後に登場したmkIISRとの性能差。FM音源や対応ソフトの量で、涙を飲んだお方も少なからずいたことでしょう…

しかし、その方々のおかげで今尚こうして存在しているのですから、感謝いたします。それに「PC-8001」との互換性を保っているのはmkIIまでです。もっと古いゲームを遊ぶのに重宝しますよ。きっと…

35年の時を超えて、元箱を開けると言う感動…

マニュアルまで付いてます。

当時のカタログ。

なかなか熱いです。

しかしなぜ、model-30とmodel-10、2台のmkIIがあるのかと言いますと…

これです。「キーボード」。これ欲しさに本体付きのキーボード感覚でmodel-10をゲットしました。レトロPCは付属品の入手が色々大変ですからね。こんなこともあります。そしてこのキーボードは、清掃したら見違えるほど綺麗になりました。

これでmodel-30で色々試せるぞと思いましたが、テープのゲームをmodel-10で動かしてみようかと…

まずは本体内部のチェック。カバーを開けた所。当然ですがFDDの姿はありません…

ファン。

拡張スロットボード。

電源。

この辺りは予備のパーツとして使えそうです。

メインボードの登場。何と電解コンデンサの姿が無い…

メインボードを外した本体下部。

そんなこんなで内部を清掃してから電源 ON。無事に起動しました。

テープレコーダーからLOAD。この後RUN…

しばらく読み込んだ後にエラー発生…

テープが悪いのか?と思ってmodel-30で試したら…

見事動いてしまいました。FDDが無いのにテープが読めないとは、残念なmodel-10…

せっかくなのでmodel-30で「ウイングマン2」を遊んでみる。きちんと遊ぶことができて感動。

キーボードが使えて良かった」と言うお話でした…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

2件のコメント

  1. テラドライバー

    キーボードで思い出しましたが・・・STOPキーだったかな?やたら硬いんですよね。
    そして劣化で折れる・・・。気を付けてくださいね。

    PC8801でもできたかな?8001だけだったかな。ゲームを実行中でSTOPキーで止まらないゲームの場合、
    STOPキーを押しながらリセットボタンを押すと再起動ではなく、
    処理中断の割り込みを掛けられる物が有るんですよね。
    完全に機械語のみで動いているゲームに対してはゲームの再起動になったりするんですが。
    STOPキーが効かないゲームの一部ではCTRL+Cで止められる物が有ったり。
    これを使ってBASICだけ、BASIC+機械語のRPGとかリストを書き換えてチートやってました。

    一部のゲームでは「list」や「run」命令を使うとリセットが掛かる物もあったり・・・。
    「list」は使えるけど「run」が使えないゲームの場合なら、コマンド待ちの状態で「goto」命令。
    STOPやCTRL+Cで処理を止めた場合は行番号が出るのでgoto + 表示された行番号で
    そのままの状態から処理が再開されます。

    アドベンチャーゲームの場合・・・メモリを拾うPEEK命令を使ってメモリの内容を全て画面表示させると
    テキストはそのまま表示されるので内容を読み取ってしまうとか・・・。

    チートは一度やり方が分かるとダメですね。何でも試したくなる・・・。

    返信
    • ストリームマン

      確かにSTOPキーとその隣にあるCOPYキーは硬いですね。重いといいますか。
      古いものですから危険ですね。。

      それにしてもキー割り込みからのいじり用がすごいですねw
      goto命令で行きたいところに行ってしまうのもあれですが、
      アドベンチャーゲームのメモリを見てしまうとかはかなりの禁じ手ですねww

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください