ファミコン版【ナゾラーランドスペシャル!!「クイズ王を探せ」@サンソフト】を楽しむ その1

ナゾラーランドスペシャル!! 「クイズ王を探せ」

103/1252本目は、謎のマガジンディスク ナゾラーランド増刊号「クイズ王を探せ!」。

発売はサンソフト。1987年12月登場。

やってまいりました。ナゾラーランド。第2号をすっ飛ばして増刊号です。何ともインチキ臭いタイトル画面ですが、パッケージや説明書に記載の「スペシャル!!」が消える勢いなのです。日本一を豪語するなど、他にも突っ込みどころ満載の素晴らしさです。

説明書の大半は漫画部分。重要なのは、AからDのブロックに分かれたマップ部分。ゲーム的にはこれを見ながら進めるのが分かりやすいです。

当時のチラシ。

所々のディスク読み込みに登場する「だーるまさん」。思わず「転ばないんかい!!」と突っ込むこと待ちがない無しです。

日本は「ナゾのクイズおう」に支配されている…

東京からスタート。クイズは三択。

クイズ正解時にお金がプラスだと移動することになる。行ける場所は現在地によりますが、お金が足りなくても移動可能です。ただマイナスになるだけ…

移動先ではヒントなどの情報が聞ける。

クイズに間違ってもどんどんお金がマイナスになるだけで続きます…

何かの伏線でしょうか…

これもね…

場所によってはアイテムが貰えます。

ヒノキ」が「タライぶね」に…

佐渡」から「タライぶね」に乗って…

クイズをしながら日本を移動しつつ、アイテムや情報を集めるところから。マップを見ながら進めていると、ついつい先を目指して遊んでしまう不思議なゲームです。


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

2件のコメント

  1. テラドライバー

    このたらい船の元ネタは恐らく「笑点」でしょうね。
    TVでもアーケードでもクイズゲームブームが有ったので多分それに乗った企画なんだと思います。
    ゲームの性ですが問題数に限りが有るので何度もやってるうちに正解を覚えてしまって
    ゲームとして成り立たなくなるという。

    アーケードのアップライトでアメリカ横断ウルトラクイズが有って
    友人が問題をすべて覚えてしまってやる度オールクリアしてましたねw

    返信
    • ストリームマン

      たらい舟は佐渡の名物らしいですね。
      観光で乗れるらしいです。

      クイズの問題を覚えてしまうのはありそうですね。。。
      家庭用だとそれこそ気長に遊べてしまうし。
      せっかくのディスクマガジンなので、
      追加クイズがあっても面白かったかもしれませんねw

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください