PC-8801ソフトを【PC-8801mkII@NEC】で楽しむ その1

PC-8801mkII

お久しぶりのレトロPCは、「大人のパソコン」PC-8801mkIIです。登場したのは1983年ではありますが、オークションサイトなどではまだまだ見かける普及機種です。

PC-8801と言ったら「SR」以降なんじゃないの?と言うゲーム好きな貴方。それは正しいです(笑)。「V2モード」と言われる拡張グラフィック機能と「FM音源」を搭載した「SR」以降は、最早PC-8801の標準機と言えるでしょう。それは遊べるゲームの数が半端なく多かったから…

PC-8801mkIIを縦置きするための足が付いています。こんな時代から横にも縦にも置ける発想があったことに驚きます。

サービスコンセントが存在するのは、レトロPCならではです。

ディップスイッチ。SW1とSW2は工場出荷時の状態です。右側の「CRT」では、「15kHz」と「24kHz」の選択が可能です。

mkIIだって動くゲームはそこそこあります。

こんなのだって動きます。この画面では本体スピーカーから、音楽だって流れちゃいます。もちろんFM音源とは比べられませんが…

起動しないディスクが存在したため、内部清掃を試みました。カバーを開けるといきなりディスクの駆動部とご対面。何かカバーくらい無いのか?と言う疑問はありますが、オリジナルがどうだったのかは不明です。

ディスクを外していきます。

両方外す。

外した2台のFDD。清掃の真似事として、ブロアーで埃を飛ばしてみました。ただそれだけ…

TEAC」製の「FD-55B-06-U」であることが分かります。

ちなみにFDDの下には…

スピーカー。

奇跡的に効果があったのか?本当は最初から動いたのか??何にしても「ウイングマン2」が、立ち上がるようになりました。残念ながら音は出ません。

微妙なのが「太陽の神殿」。どう言うわけか、本体カバーを開けていないとこの画面が出ず…

カバーの理由は全く分かりませんが、「太陽の神殿」は、mkIIのFM音源ボード「PC-8801-11」に対応している貴重なゲームなのです。一番上のスロットに装着されているボードが「PC-8801-11」です。

装着時には、「太陽の神殿」でFM音源を堪能できました。ただ、このボードを外すと本体カバーを閉めていても安定起動しちゃったりするのです…

カバーを開けると何故か起動する」と言う迷信をぶち破るため、ボードを挿すスロットや、オーディオケーブルを変えてみたりしました。上の画像とは違いますが、「2番目のスロットは開ける」と言う別の迷信まで導入しています…

何だかんだ起動し易くなった気もするのですが、それでも起動しない時は、オーディオケーブルを抜いてから立ち上げると起動しやすくなりました。何かのノイズだったりするのかFM音源ボードのせいなのかは分かりませんが、本日はこの辺で…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください