ファミコン版【ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 後編@任天堂】を楽しむ その5

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者

その1その2その3その4に引き続きその5です。真夜中でも日曜日は、ゆっくりまったりアドベンチャー。ついに消えた後継者エンディング編です!!

ネタバレありますのでご注意ください…

と言っても「こういう3Dダンジョンを何故アドベンチャーゲームに入れるのか?」という謎は、どんな名探偵でも解けません…

うま すすみ」…

うさぎ すすみて」…

とり」…

ひらく」…

まんじのなかの しるし のぞまん」…

後継者の印をゲット!!

すとりむ、うしろ!うしろ!!

というわけで、「あまち」が「かんだ」でした…

人相変わっとる!!

誰だ!?

あっ あなたは たしか!」って誰だ!?

かずとさん・・・ですか?」って誰だ!?

そ、そう言えば、一度思わせぶりに登場してました。この時です。あなたが「かずと」さんでしたか…

この ・・・かあさんの、しゃしんです。」ってどれだ!?

これです…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

2件のコメント

  1. テラドライバー

    終わり方が火スぺ・・・。やっぱり絵の感じがハウス名作劇場と言うか。
    なんか、カリオストロの城時代のルパン三世のキャラのタッチに似てますね。

    考えてみれば・・・このれだけの作品を500円(先行はディスクカード販売ですが)で遊べるってのは
    今では考えられないような気がする。今のゲーム機で配信されてるのも安いけど過去の作品だし。

    返信
    • ストリームマン

      クラリスに似ているキャラが何人か・・・
      個人的にはナウシカチックな気配を・・・
      なんにしてもあの頃のあのキャラのタッチですね。
      終わり方も80年代を感じると言うか、今でも割と残ってますかねw

      新作が500円です。
      ある意味文庫本くらいの価格帯ですから。
      すごいもんです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください