ファミコン版【ダックハント@任天堂】を楽しむ その1

DUCK HUNT

19/1252本目光線銃シリーズ「ダックハント」。

メーカーは任天堂発売は1984年4月。

光線銃専用なのこれが必要…

そしてもう一つ必要なのが、ブラウン管モニター。諸々の技術的な関係で液晶モニターでは弾が当たらないという…

ブラウン管テレビ

なんにしても、ブラウン管は入手済み。そして次なる問題は遊んでいる画面をどうキャプチャするか。これも一応解決済みではあるがとにかく鬼のように面倒だった。そんなキャプチャの話はまた次回

ちゃんと当たります。と言っても普通に当てるには難しく、かなり至近距離で遊んだ。それでもタイミングをつかむまでなかなか当たらず焦った。どうにか当たるようになったのは、カモの動きを予想し銃を固定気味にし、カモがそこに近づくちょっと前に撃つという方法。これでどうにか当たるようになった。

逆方向からも。

落ちるところ。

当たったとき。

外したとき。

ラウンド10はカモの動きがかなり高速かつ変則。

クレー射撃。こちらもなんとか当たるがカモより難しい。

あっという間にゲームオーバー。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください