ファミコン版【ファイヤー・バム@HAL研究所】を楽しむ その3

FIRE BAM

その1その2に引き続きその3。お久しぶりです。ファイヤーバム。恐怖・脅威・驚愕のARPG続きです。夢に見たくないゲームNo.1かどうかは知りませんが、先に進まないとモヤっとすること請け合いです。

どうにか回転アルマジロを撃破したものの、なんだか怪しい背景色に…

怪しい背景色については後ほど触れるとして、重要なアイテム「ウイング」を購入。これでジャンプ中に方向転換可能になる。

ダンジョン的なドメスワールド。

鍵を入手。

鍵が無いと通過できない扉。

驚愕のモッコリさん…

こちらも超重要アイテム「ボーガン」。

超高速スクロール。

ムササビ君登場。

撃破後。怪しい背景色をバックにこいつと対決。やるかやられるかするまで続く…

徐々に増えてきたアイテム。

次はどんな敵が…

って、のほー!!!

顔見せみたいなものか、当然勝てない…

明らかに村の方が安い「ファイヤーソード」。

炎を出すことができる。続く…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

2件のコメント

  1. テラドライバー

    何気に装備が多彩なんですよね。これ。それとやっぱり背景の色が不気味さを押し上げてる。
    何で人気が出なかったんだろうとしみじみ思う作品です。
    ボスを倒して世界が広がる時にどうしてもゾワゾワしてくる。

    黒いブーツって氷面のスリップ止めでしたっけ?

    返信
    • ストリームマン

      黒いブーツはそれですね。
      後、風にも影響されないとかあるかもです。

      背景は相当不気味ですよねw
      異色の名作だと思ってます。
      独特過ぎましたかね。。。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください