ファミコン版【サムライソード@カプコン】を楽しむ その1

SAMURAI SWORD

87/1252本目は、貴重なカプコンアドベンチャー「サムライソード」。

発売はカプコン。1988年11月登場。

カプコンお得意のアクションでもなければ、当時人気のRPGでもなく、まさかの「アドベンチャー」。気分的には久しぶりにRPGでもやるかと思って遊んだもんだから、尚更まさか…

カプコンのアドベンチャーゲームって他に何があったか全く思い出せなかったので調べてみたら、出てきたのは「逆転裁判」。あー確かに。でも他に何かあったか?

ゲーム開始直後。いきなりラスボスと戦っている場面から始まる、あるある…

勝ったら終わってしまうので、当然のように負ける。まあアドベンチャーなので、レベルがどうとかそう言う突っ込みは不要なのだが…

第一章は、「妖精の森」。

酒屋で酒を入手。

「妖精」に酒をあげると会話が出来るようになる。「長老」を探しているとのこと。

以外に近くにいた長老…

お礼に「みやぶりのオーブ」をもらえる。

老人を「みやぶりのオーブ」で見ると…

光の魔法使い「サリア」だった。どさくさ紛れに「サリア」の「呪文書」が盗まれ、一緒に探すことに。

「呪文書」は「洞窟」に…

中は真っ暗…

「サリア」の呪文で明るくなる。

洞窟でさまよったりすることなく、すぐに出現する「リザードビートル」。但し剣が役立たない…

何故か酒屋の裏に置いてある強そうな「」。

酒屋の主人達を眠らさないと入手出来ない。素直に怪物を倒したいと相談すればいいのにね…

「斧」入手後は甲羅を破壊できる。

「サリア」の「ライトボルト」でトドメをさせる。

無事呪文書を取り戻し、面倒くさがりな「サリア」が仲間になる…

ゲームは四章構成。少なくても一章はサクサク進んだ。


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください