アーケード版【コナミのピンポン@コナミ】を楽しむ その1

KONAMI’S PING PONG

卓球ゲームはこれで決まり!!思わず唸る完成度「コナミのピンポン」。

コナミ。1985年。

「MSX」版とほぼ同時に出たアーケード版。ファミコン版では「スマッシュピンポン」という名前で「任天堂」から発売された卓球ゲームのレジェンドです。MSXとほぼ同時ということは、ハードウェア的にもほぼMSXなのだろうか?そんなことを考えずにはいられない基板です。

型式は「GX555」。なかなかの番号をゲットしています。ROMは4つ。

ハーネスはコナミハーネスを元にした専用ハーネス。

マニュアル。「VIDEO GAME」という表記が熱い。

ハーネスが専用となる理由はこれ。レーバー無しの4ボタンで遊ぶゲーム。これは、つまりラケットを握る手と同様、片手で遊ぶゲームなのだ。ちなみにファミコン版はレバーもボタンも使用するので両手の操作が必要。

インスト。「僕は、自分を忘れた。ラケットになって宙を舞う。華麗なるスーパースポーツの誕生だ。

非常に熱い。自分を忘れたことで、ラケットになっていたとは…

専用パネルでは無いが、4つのボタンに割り振られたハーネスを使用。「バックハンド」操作が親指で出来るように、ジョイスティックのボタン4に割り振られている。あとは上段のボタン1、2、3をそれぞれ使用。

ディップスイッチ。No.3のSW3をONにして起動するとテストモード。

テストモードの画面。IO TEST

COLOR TEST。他にもサウンドテストなどがある。

デフォルトのハイスコア画面。

コイン投入画面。

ゲーム編については「その2」で…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください