ファミコン版【デッド・ゾーン@サンソフト】を楽しむ その2

DEAD ZONE

その1に引き続きその2。なんと昨年8月以来です。急ぐ理由も全く無いので、ゆっくり、まったり、アドベンチャーを楽しみましょう。

このゲームの発売は1986年ですが、感覚的にはさらに数年ほど遡った、PCゲームのような風情が漂っています。

  • 視野の狭い自分視点の画面
  • ミュージックレスなゲーム中
  • ALLカタカナ表記
  • 80年代前半に想像したようなSF画
  • 不親切なゲーム性

どれを取っても年代物です。

ゲーム画面で見たコンピュータの画面。真っ黒画面に緑文字でカタカナ。これぞSFというものでしょう。

閉鎖的な空間から脱出する」という目的も、80年代前半のPCゲームによくありました。

ある部分をクローズアップした視点。

いまいち何をやっているか分かりづらいけども、ゲームのフラグは立っていく。

まさかこれで…

ドアのロックが解除されるとは思うまい…

ドアの先にはドアが…

昔のアドベンチャーゲームにおいて、何かを入手するというイベントは大きな進展だった。それを逆手に取った罠も数多く存在したが…

サムイ」という言葉がヒントになっていようとは。逆に意味のない話もチラホラ出てくるため、あからさまな伏線であることを防いでいるのかも…

画面だけからこれが何なのか察知するのは難しい。

よく分からないけどゲームのフラグは進行しているようだ。

ゲーム上できることをやってみる感じだろう。アドベンチャーゲムーにおいて、何か進展している気がするのは、とても重要だ。

アッ!」って何かバッドエンド的な気配が流れる…

どんどん何をやっているのか分からなくなってくる…

暖房が入って「ドーン!」って…

まさかのこれで脱出…予測不能すぎるが、説明書を見ると、コロニーには農業研究施設などがあると書かれており、ゲームの世界観とは離れていない…

続く…


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください