ファミコン版【アルカノイド@タイトー】を楽しむ その1

アルカノイド

16/1252本目この面白さだけは、崩せない。「アルカノイド」。

メーカーは老舗タイトー発売は1986年12月。

専用ダイヤルコントローラー付属。ダイヤル操作に慣れないと全くゲームにならない。微妙な動きが出来るような出来ないようなコントローラーだが、普通のコントローラーには不可能な高速移動が可能。若干やりにくいとは思いながらも専用ダイヤルコントローラーで遊びましょう…

ストーリーもありました。なんと「アルカノイド」は光子力宇宙母船の名前だった。敵から攻撃を受けたので、スペースクラフト「バウス」(操作するバー)が追撃したが、異次元迷宮に捕らわれてしまった。そこで壮絶なブロック崩しが…

アイテムの色が勝敗の分かれ目。オレンジ+ブルーが使いやすいかと。

レーザービームが発射できるレッドも気持ちよい。

次の面にワープする瞬間。

バーが大きくても落とす…

敵をクッションにしてクリアする瞬間。

3面はブロックと実機の間隔が近い…

あっという間にゲームオーバー





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください