レトロゲーム雑記 その13

悪魔城ドラキュラのクリア前に、調子が悪くなったツインファミコン

残念ながら一部のディスクを読み込めなくなりました…

ドラキュラはニューファミコンディスクシステム無事にクリア

とは言え、この「ツインファミコン」には重要な任務があるので、「ディスクドライブ」を交換することにしました。

オークションで手に入れたメンテナンス済みドライブ。

外したドライブはとりあえず保管。

「ツインファミコン」は無事に復活。GWはしっかり活躍してもらいます。

そして…

今日は一日中、PCエンジンのR-TYPEをやっていたけど、6面が全くクリア出来ず。どうやら平成中にクリア出来そうもないです…

シリーズ投稿を見る

14件のコメント

  1. テラドライバー

    動いていた物が壊れるっていうのは結構ショックを受けますよね。
    家にあるツインファミコンもドライブのベルトが切れたままで放置されてます。
    昔任天堂に電話をしたらベルトだけの販売をしてくれてその予備が有ると思うんですが
    冷暗所で保管していても経年劣化は免れてないだろうなぁ・・・。

    15年ぐらい前?にFDS LOADERってPCのプリンタポートにディスクドライブを繋いで
    読み出すっていうシステムがネットで紹介されていたので
    その時に持っていたソフトは全てPCの中に保存されてますがそれ以降に買ったソフトは読み出ししないまま・・・。

    メガドライブは動かなかったものを復活させたんですが動くようになった時は感動モノですね。
    そして!復活させて更に高音質化したのでずっとやってみたかったサントラ作りを・・・・。

    スーパーファンタジーゾーン
    https://www.youtube.com/watch?v=yH8aFLa2Vpc&feature=youtu.be

    うる星やつらディアマイフレンズ
    https://www.youtube.com/watch?v=w3OOUHlfmcQ&feature=youtu.be

    サントラと聞き間違えるぐらいの高音質になってる!と思う・・・。実機からのアナログ録音です。

    返信
    • ストリームマン

      なるほど。
      その当時だとまだプリンターポートでしたか。
      今だとUSBとかなのかもしれませんが。
      ちょっと最近気になってるんですよね…

      そして、
      録音した音源。
      これはすごいですね。
      とても当時のゲームの音源とは思えないです。
      私のPCの音環境は良くないですが、それでもですよ。
      MDの音ってこんなに良くなるんだww

      返信
  2. テラドライバー

    FM音源は熟練度の差が思いっきり出ますからねぇ。
    ナムコあたりはかなり安定してますがSEGAはAC機とMDでは音色に差が有り過ぎ。
    サンソフトの場合・・・ファンタジーゾーンをどれだけ愛してるんだよ!ってツッコミを入れたいぐらい。

    ディアマイフレンズのゲームアーツもその辺りは見事ですね。PCM音源とFM音源を見事に使いこなしてる。
    PCM音源を音楽で使ってるのはゲームアーツだけじゃないんだろうか・・・。
    ちなみにこの綺麗で伸びのあるベース音はPCM音源だと思ったらFM音源なんですよね。全編通して。
    このOPとEDはCDDAですが、これもMCDで再生したものをアナログ録音してます。

    どちらにも言えるんですが・・・実機のアンプはこのベース音の厚みに耐えられずに歪みまくります。
    だからこのベース音の図太い音に驚きましたね。

    改造の際にノイズには一番気を使っているのでその辺りはほぼ全く?感じないと思います。

    返信
    • ストリームマン

      このスーパーファンタジーゾーンの音源もサンソフトが?
      素晴らしすぎますねww

      ゲームアーツはメガCDで頑張っているイメージありましたが、
      音源の使い方がうまかったんですね。
      今、ディアマイフレンズ持っているか確認したけどなかったですw
      残念。。。

      しかし、実機がソフトの音をいかしきれていなかったのは少し残念ですね。
      聞かせていただいた音源には、歪めなんて全くなく素晴らしいのにww

      返信
  3. テラドライバー

    メガCDの開発に当たってのセガのコメントに「協力していただいているソフトメーカーが有る」というのが有りました。
    そしてメガCDのメインメモリについて当初2Mbitらしかったんですがゲームアーツがそれでは足りないからと
    容量の増加を要望していたらしく新たに4Mbit追加されたという話があります。
    その話も踏まえると、その協力していたメーカーと言うのはゲームアーツだろうなと。

    音源周りのアンプですがMDにはステレオのラインアンプは存在せずコンポジット用のモノラルアンプだけです。
    ヘッドフォン出力は音源の出力をヘッドフォンアンプに通して出力しています。
    こちらも開発当時の話として販売価格を21000円にする事が絶対条件だったらしく、
    そのコストダウンに巻き込まれたのではないかと。

    このヘッドフォン出力が諸悪の根源とでもいうのかな。
    MCDを接続した場合MDのヘッドフォン出力からMCDの音声入力に繋ぐんですがMCDの入力レベルはラインです。
    MDの出力はヘッドフォンなのでラインレベルが合わずボリュームを上げる事になるんですが
    今度はノイズのボリュームも上げてしまう。更に音の歪みも酷くなります。

    もし、このMCDの音声入力を使わない場合はMCDの音声はMDとMCDを繋ぐための拡張端子から
    MD内部に入りヘッドフォン出力で聞く事が出来るんですが、
    拡張端子経由では音声信号がMDとMCDのデジタル回路の中を引き回されているのでノイズを拾いまくってくるんです。

    そして止めとして・・・2つの音声回路が離れた所にあるのでそれらを合成するとグランドループと言う現象が起きて
    デジタル回路のノイズを全て集約してしまうという・・・。CDROMドライブが動く時のモーター音なんかも入り込みます。

    なので・・・ライン出力を作りMCDとミックスする場合の音声レベルを合わせる。
    拡張端子経由の音源ラインを完全にカットしてノイズを拾わせない。
    MDとMCDの音声を合成する時に電気的には切り離す。
    そして、MDの特徴であるヘッドフォン出力は付ける。ライン出力も同時に使える。
    という事を実現させました。

    電気的に切り離すというのはカー用品では若干名の知れてる?グランドループアイソレーターを自作してMDの中に入れてます。
    その為、MCDの音声をMDに入力するという無改造品とは逆の方式になってます。
    ライン出力用のアンプはFutureDriversさんの物を、ヘッドフォンアンプは秋月電子の物を利用しています。
    ヘッドフォン用のボリュームはMDについている物と同形の物を特注で作ってもらい
    本体のツマミをそのまま利用できるようにしたので見た目はオリジナルと全く同じです。

    完成した時は本当に何かをやり遂げた感がこみ上げてきましたね。

    https://i.imgur.com/pvdhiAs.jpg
    詰め込み過ぎ。

    返信
    • ストリームマン

      カー用品用途の部品まで登場するとは驚きですw
      MD単体だけでなく、MCDもあわせて見事ですから、
      メーカー以上に本当のこだわりですね。

      まあもちろんセガにも予算の都合などはあるのでしょうが…
      あの音源を聞いてしまうと少し残念な気持ちになりますww

      テラドライバーさんのコメントを読んでいると、
      CD-ROMと一体型のMDとか、音質はどうだったのだろう?
      とちょっと気になってきますねw

      返信
  4. テラドライバー

    たぶんワンダーメガの事だとは思いますが、音質は相当拘って作られてると思います。
    何せオーディオメーカーでは老舗中の老舗、ビクターですからねぇ。
    今でも中古価格はとんでもない事になっているんじゃなかったかな・・・。

    ちなみに今PCで使っているのはビクター製ワンダーメガ用のアクティブスピーカーです。
    一度内部のコンデンサを全て全交換するというオーバーホールを行ってはいますけど。
    電源はAC100Vでスピーカー内部でトランスから電源を作り出しています。

    フルレンジスピーカー左右1個ずつですがなかなか良い音を出してくれます。

    そうそう、一応MCDに対してフォローを入れておくと
    MDのノイズ対策が残念だった分、MCD本体だけだと相当気を使って作られてるようですね。
    68K、各種コントロールIC、PCM音源のデジタル信号、CDのデジタル信号を扱うメインボード、MDとMCDを繋ぐ中継ボード、
    PCM音源のデジタル信号とCDのデジタル信号のアナログ変換とアンプのアナログボードの3つにきっち分けられていました。

    返信
    • ストリームマン

      ですです。
      ワンダーメガです。
      当時もあまり見たことありませんでしたが、
      特に現在の中古市場は恐るべしですね。。。

      音質が異なっているとは当時からあまり知りませんでしたが、
      今の本とか見てみるとオーディオメーカーのこだわりが・・・

      スピーカーまでオーバーホールできるとは羨ましい限りです。
      長く使えそうですね。

      メガCDは1991年12月当時、5万もしたんだ、、、
      こだわった結果がメガドライブの2倍以上になったのか、
      でもうちにあるメガCD2は3万なので廉価版の匂いがしますねww

      返信
  5. テラドライバー

    MDが設計された時点では外部からの音声入力は無くて、
    ある程度開発が進んでから追加されたような配線の取り回しでしたね。
    LchとRchで並んで配線されてるわけじゃなくて、LchとRchがものすごく離れてたし。

    MDの基板を正面に置いた場合、手前からコントローラーの端子、Z80、VDP、カートリッジスロット、68Kって配置になるんですが、
    音声信号2本あるうち1本がコントローラー端子とZ80の間を、
    もう一本がカートリッジスロットと68Kの間を縫うように配置されてます。
    カートリッジスロットと68Kの間という事はこの間を縦断するわけですからねぇ。

    ヘッドフォン端子を利用している場合、無音状態で画面の書き換えが有ると
    それに合わせて「ブブブブ」ってノイズが聞えるのはこれが原因です。
    MDの電源回路もアナログとデジタルで分けられているのですが、このせいで台無しになってるという・・・。

    MCDの音声をヘッドフォン端子で聞かないという場合は
    この配線のパターンをアンプ回路手前で断つ事でノイズはほぼ全く乗らなくなります。

    で・・・話を戻しますが、MD2とMCD2は両者が接続されるという事を前提に作られているはずなので
    MD+MCDよりはましになってる?かも?しれません。MD2のノイズは酷いって話は聞きますが・・・。

    ちなみに・・・MD+MCDの拡張端子の場合はMCDからの音声入力のみなんですが、
    MD2とMCD2の場合はMCDからの音声入力とMCDへの音声出力の両方が付いています。

    MCDが出たと当時とMCD2が出た時では恐らく各チップの価格が大きく変動してるんじゃないでしょうか?
    それとトレー式のドライブは高価だという話も。

    ビクターはこの時から?SEGAとの連携が有ったんでしょうね。
    サターンは確か、SEGA、YAMAHA(音源&各種カスタムチップ)、日立(CPU)、ビクター(音響回り?)の共同開発だったような?

    返信
    • ストリームマン

      確かにMD2はMCD後の登場ですからね、ましだと良いですが、、、
      ノイズは酷いって話はよく聞きますねww
      ちなみに現役時代は普通にMDでした。
      最初に買ったゲームはファンタシースターIIだった気がします。
      MK3でFM音源まで買ってクリアしたRPGだったし、
      メガドライブを買うのは必然でしたね。
      大好きなゲームの一つでした。

      サターンのSHマイコンは確かに日立製でしたね。
      ビクターといえば、Vサターンが思い出せれます。
      トレイ方式のサターンも見てみたかったです。

      返信
  6. テラドライバー

    ファンタシースターII・・・マンカバーのトラウマが・・・。
    兎に角マップが意地悪でしたね。配管が有るっていうのもあるんだけど、
    マップがスクロールしてくれる位置がかなり中心から外れてるから、隣のエリアを覗きに行こうとするとエンカウント・・・。

    この曲のスネアドラム・・・意見が分かれますね。ヘッドフォンで聞くには音が強すぎるし。
    けどふつうに聞く分には曲が締まって聞えるというか。海外版はスネアの音が丸くなってます。
    「パシン!パシン!」って感じじゃなく、「トスン!トスン!」って感じ。

    PS1はMK3+FM音源ユニットでした。MK3を持ってる友達二人がいつの間にかFM音源ユニットを購入していて・・・。
    乗り遅れた!と思ったら既にどの店も品切れ・・・。散々探し回った覚えが・・・。

    サントラは買いましたよ。PS1~4までのセット版とか。

    返信
    • ストリームマン

      最初のやつと比べると2はだいぶ遊びやすくなったイメージでしたが、
      まあ色々ありましたねw
      なんだかんだ貴重なセガのRPGでしたが。
      私は普通にテレビから出てる音だったこともあってか大丈夫でしたね。

      MK3のFM音源ユニットは、
      結局その後、あまり対応ゲームを持っていなかったな。。。
      今調べてみると結構対応ソフトがあって驚きですが。

      返信
  7. テラドライバー

    MK3のFM音源対応のゲームのBGMはどれも秀逸ですね。
    RTYPEの重圧なBGMは聞く価値ありですね。とはいってもどのゲームの曲も捨て曲が無いというか。
    ファンタジーゾーンIIとかアレスタなんかも。ただ使われてるFM音源はかなり簡易版なので自作できる音色は1つだけで
    あとは全てプリセットなので、どの曲も似たような感じになるのは仕方のない所かな。

    YouTubeやニコニコにもBGM集は出てるので聞いてみてください。R-TYPEは有りました。
    https://www.youtube.com/watch?v=Mm4LSDy-xeE

    返信
    • ストリームマン

      MK3番のFM音源R-TYPEは貴重ですね。
      お気に入りのゲームなので、今ではしっかり入手しておりますw
      アレスタも当時はFM音源ユニットを購入する前で、
      しかもFM音源に対応していることを知らなかったゲームです。。。
      今のハードは、マスターシステムなので逆にノーマルMK3での音が聴けないというww

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください