SEGA SC-3000/SG-1000版【チャンピオン アイスホッケー】を楽しむ その1

CHAMPION ICE HOCKEY

アイスホッケーをいち早く実現した意欲作。「チャンピオン アイスホッケー」。

3/71本目。1985年登場。マイカード。

家庭用アイスホッケーゲームと言えば、任天堂のアイスホッケーを想像する方が多いでしょう。ストリームマンも例外ではありません。しかし、チャンピオン アイスホッケーは、それよりも2年以上早く発売さているというのに驚きます。パッケージにMARKIIIの表示がある通り、SC-3000/SG-1000ゲームとしては後期のソフトとなります。この当時のゲームだと、マスターシステムでも同じ色で表示出来るかもしれませんが、せっかくなので、SC-3000Hのビデオ出力で遊んでみました。

そんなわけでカードキャッチャを使用しています。

ビデオ出力だからか何なのか、色のにじみがあったりして、それがまた時代を感じさせてくれます。

画面は、トップビュー方式の横表示。任天堂のアイスホッケーはキーパー含めて5名でしたが、チャンピオン アイスホッケーは4名。

やはり、ルールはよく分からない…

フェイスオフからの試合再開。

任天堂アイスホッケーと比べると、画面のチラツキが多く、書き込み精度も低い。どうしてもハード性能の差が脳裏にもチラツキます…

ゴールの後ろでゴチャゴチャしがち。これをやって見ると、改めて任天堂アイスホッケーのバランスが際立つ…

初ゴール!!

ピリオド間。

自分で書いた文字を回収していくという演出。

分かりにくいですが、ぶつかって転んでいます。時代やハード性能を考えると、しっかりアイスホッケーしていて遊べる印象です。

時間は実際の1/5の短さだが、ロスタイムが多い為、1試合が長い。

先ほどの演出と同じ。

ゲームオーバー。なんだかんだで1試合終わるのに20分以上かかった気が…

セガのロゴ。思わず声に出したくなります…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

2件のコメント

  1. テラドライバー

    同じVDPを使ってるから画面の質がm5と一緒だな。白が虹色になったり。
    それ故にゲームの雰囲気も一緒。1キャラに3色使われてるようだからスプライト3枚重ねてるのかな。
    解像度もFCに比べると低いし。256x192だったかな。FCは250×240・・・なんとPCEとかMDよりも縦方向の解像度が高い!

    今見るとショボい画面でもこの当時のゲームはどれも必死に遊んでいた記憶。
    買うゲーム買うゲーム面白くなくても面白い部分を探して遊んだという事もw

    返信
    • ストリームマン

      この色は当時のチップがゆえですかね。
      ある意味懐かしさ満点ですけどw

      解像度は確かに256×192ですね。
      縦方向の弱さが・・・
      これはMK3ですら一緒ですが。

      何だかんだファミコンのスペックが光りますね。
      MDよりも縦の解像度が高いとか意外でしかないですw

      当時は画面のショボさがそれほどショボく感じませんでしたw
      チラツキもすごいし。
      それでも当時はカセット一つが嬉しかったものですw

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください