ファミコン版【風雲少林拳@ジャレコ】を楽しむ その2

風雲少林拳

その1に引き続きその2。大林山の山頂に君臨する魔王たちを目指して、頑張ってみた。というお話です。8面をクリアすると、上記画像のようにA面チェンジとなります。いよいよ戦いは後半戦に。

VS仙人。

流石にこの辺りから、楽に勝たせてもらえなくなります。ラーメンは最初から登場しているので、体力満杯状態で取らないよう、画面の辺りで仙人を待ち伏せでします。降りてきたら、主人公とすれ違うタイミングでローパンチを入れる。自分の体力が減ったらラーメンを取り、その辺りで同じように仙人が来るのを待ってローパンチを繰り返す。9面はこれで突破可能。

10面の仙人は、9面より厄介。

9面と10面は「Aボタン」で「ハイジャンプ」が可能。戦い開始直後の「ハイジャンプ」+「ストレートパンチ」が当たることも。

そのあとは一番右側に移動して、画面辺りに仙人が移動するタイミングで、「ハイジャンプ」+「ストレートパンチ」を当てる。以下繰り返し。こちらの体力もギリギリになりますが、割と勝てるパターンです。ちなみにディスクをA面にした9面以降は、やられても9面からスタートとなる。

いよいよ、VS魔王。

魔王」ですら、必殺のフライングキック」が有効。しかも間合いが合っていると連続で当たる。

もちろん攻撃も容赦ない…

フライングキック」の間合いが合わないときは、パンチ系が当たる。

魔王は体力が無くなってもそこで終わらない。トドメを刺すには、ナイフを画面の角度で当てることが必要。

色違いの魔王。

攻略法はほぼ一緒。間合いが近いときはパンチ系が有効。

間合いが離れたらフライングキック」。

やはり魔王の体力が無くなっても、そのまま勝利にならない。

至近距離でギリギリナイフが当たったところ。

またもや色違いの魔王。

より攻撃的になる。

フライングキック」は最初から最後まで大活躍。

トドメを刺す前に力尽きた。無念…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください