ファミコン版【レリクス 暗黒要塞@ボーステック】を楽しむ その1

RELICS

66/1252本目は、合言葉は「おまちください」、「レリクス 暗黒要塞」。

発売はボーステック。1987年4月登場。

先にPCで発売された異色のアクションアドベンチャーゲーム「レリクス」のアレンジ移植版。

その異色ぶりはパッケージにも。なんとケースの内箱は缶である。さすが缶好きのボーステック。「MSX」でも「トップルジップ」とか内箱が缶のゲームを出していたと思うが、まさかファミコンでもやるとは…

パソコンソフトの超話題作」。まあ、確かに話題というか、ストリームマンもMSX版を購入していました…

箱の裏。豪華さをアピールしている。缶パッケージはディスク6枚が収納できるケースとしても利用可能。

こんな風。「モンスターマニュアル」が別冊だったり、豪華さに溢れている。

説明書とディスクケース用のシール。

さあ、いよいよゲームへ。PC版レリクスでは魂のみでスタートするが、ファミコン版はなんと、最初から肉体持っている。なんというサービス。さすが家庭用である。

赤いアイテムが出たので取ろうとしていると、敵が出現。

敵のスタミナが表示されるという親切。

勝ったがアイテムは取れない。アイテムではないのだろうか…

壁を破壊するとアイテムが登場。

もう一つ登場。

上に行こうとすると、おまちください

歩いていると、おまちください

銃殺された…

再チャレンジ。

右側の行かれない部屋に敵が出てきて、おまちください

おまちください

またやられた。最初から…

二つ目のKEYをゲット。

画面の外にジャンプしたら、おまちください

壁を壊すのは効果音的にも楽しい。

おまちください

結局やられる…

正直、噂以上のおまちくださいでした。


クラシックPC研究会クラシックPC研究会レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

2件のコメント

  1. テラドライバー

    きたきたきたきた。これこれこれこれ。FCゲームで唯一やらずに投げたゲーム。
    スタート直後で上に上がる階段?が有って上がって行ったら「おまちください」
    そして上がった所で階段から操作を間違えて落ちてしまい「おまちください」
    再び上がって「おまちくさだい」、今度こそは!・・・「おまちください」
    やってられっか!!!

    パソコンソフトでの超話題作!

    えぇ、たしかに98版(88版?)とかやりましたとも・・・。
    まぁFC版のスタート画面でいきなり不安を持たされるわけでして・・・。

    別な意味で・・・超話題作!

    となってましたね。はい。

    返信
    • ストリームマン

      いやー
      まさに仰ってる通りで、
      操作ミスで「おまちください」に、そのルートは諦めました・・・
      セーブポイントがどのあたりにあるのか分かりませんが、なかなか進まないし。。
      これを根性でクリアする人がいるんですから世の中凄いものです。。。

      PC版はゲーム自体がもっと不親切ですし、
      まあ本当に別な意味で話題のゲームでしたね。。。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください