セガ・マークIII/マスターシステム版【R-TYPE】を楽しむ その1

R-TYPE

多機種展開シリーズにして、日々是ファミコン初登場のセガ・マークIII/マスターシステム専用ゲーム。「REPROGRAMMED GAME (C) SEGA 1988」R-TYPE。

1/84本目。1988年10月登場。セガ ゴールドカートリッジ。

コメント頂いたことがきっかけで、久しぶりにプレイ。せっかくなのでそのままブログ投稿。「メガドライブ」発売直前に発売されたソフトで、なんとPCエンジン版のR-TYPEI/R-TYPEIIよりも後に発売されている。「4Mビット」の大容量を誇り、全面収録を実現している。また「FM音源」にも対応。

説明書、箱、タイトル画面等には記載されていないが、ザナック等を開発した「コンパイル」が開発元らしい。

説明書の2ページをぶち抜いた「巨大戦艦」と言う名の「巨大戦艦」。

実は、「マスターシステム」のコントローラーにかなり苦戦。意図せず斜めに入って、地形にぶつかるは、敵にぶつかるは…

先に進まないので「メガドライブ」のコントローラーを使うことに。

オープニングから「FM音源」の威力が発揮されている。「ギュイーン」、「ヴィーン」とかなりロックな音作り。

キャラが全体的に小さくなっている。

画面のちらつきは大きいが、描画はMSX版と比べてレベルが高い。

アイテムなどもかなり小さい。また、対空レーザーのアタリ判定も小さくて、なんだか攻撃力も弱い気がする。

ドブケラドプス」登場。やはりMSX版と比べて再現性は高い。サウンドも「FM音源」を最大限に活用している。特にボス登場前と倒した後のグルーヴィーは、他機種には無い独特な味わい。MSX版もFM音源に対応しているが、全く異なるアレンジで面白い。

ゲーム中にスコアや残基は表示されず、ステージクリア時にのみ表示される。

2面。そういえば、スコアだけでなく「波動砲」のチャージメーターも存在しない。そもそもなんとなく「波動砲」が弱い気がする…

画面がちらついてかなり消えている。

ゴマンダー」の再現も頑張っている。

3面。「巨大戦艦」登場!!

かなり明るい色になっています。ちなみにMSX版は青系の色です。

地形が無くなっているので、少し簡単になっている気がする。

明るい色の「巨大戦艦」撃沈…

4面。

ちらつきがどうなるかと思ったが、かなり頑張って描画している。MUSICも素晴らしい。

お馴染みのコンティニュー画面。

SEGA


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください