レトロゲームを【FlexScan EV2730Q@EIZO】で楽しむ その1

FlexScan EV2730Q

レトロゲームを楽しむ為の環境シリーズ。今回は、EIZOの「スクエア液晶モニターFlexScan EV2730Q

正直レトロゲームで使うようなモニターでも無く、実際はPCでの使用を想定して入手。それでも新しく入手したモニターを見ると、レトロゲームで試したくなるのが人情。別途入手した新型PCのセットアップもそっちのけで遊んでみました。

最初の画像を見るとやたら縦長に見えるけどしっかり「正方形」。そして、21.5インチワイド一体型PCと比べるとこの差。遠近感の影響もあるけれど、かなり大きい。実際モニターの前に座ってみるとかなりのど迫力。そして映り込みが無いパネルはお見事。これは目に優しいのかも。「疲れ目抑制」機能もあるし、PCの使用時にはかなり助かるかもしれません。

さあ!!ここから「レトロゲーム」です。こちらは、PCエンジン版「R-TYPE」を映したところ。フルスクリーン設定だと、見事なまでに真四角。と言うよりむしろ縦長。

拡大表示。本来の画面比率はこれ。これでも18インチくらいはありそうなので、遊ぶならこの設定がよさそう。

本来の入力をそのままのドットで表示。「720p」なので確かにこのくらい。

そもそも縦長が似合うゲームならどうなのか?と映してみたのがこれ。PCエンジン版「ドラゴンスピリット」。なんか妙にしっくりくる。

X68モニターを縦にして遊んだ記憶が甦ります。

以上、ちょっとしたお遊びまで。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

3件のコメント

  1. テラドライバー

    PCE版ドラスピの縦長モードだとどうなるのか興味があります。
    確かリセットを連続30回するとなったような?

    家で使ってるのは三菱のRDT202Hで20インチの1600×1200です。
    4:3へのこだわりの結果ですね。90度回転させることもできます。。
    PCショップでRADEONの複数のディスプレイを1つのディスプレイとして使う
    eyefinityの店頭デモが行われていて衝動的に2つ追加して3画面で使ってます。
    3画面と言えばダライアスですが・・・。やりましたともw

    始めは2画面だったんですが、某MMORPGをやった時に・・・
    ほら、普通キャラって画面の中心に来るじゃないですか?2画面だと半分に割れるんですよ・・・w
    枠が有るので、まぁ、やり難くい。仕方が無いので急遽1台追加して3台になりました。
    もっとも中古なのでディスプレイ自体は高いもんじゃないんですけどね。

    返信
    • ストリームマン

      PCエンジン版にそんなモードがあったとは…
      情報有り難うございます。
      やってみますw

      4:3の20インチ良いですね。
      今はワイドばかりですから貴重ですよ。
      縦側の解像度が1200まで来たのに、1920×1200は別として、FHDで退行してますからね。
      ワイドはレトロゲームとの相性もいまいちですし。。

      それにしても3画面でダライアスとか、素晴らしすぎますねw

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください