ファミコン版【グリーンベレー@コナミ】を楽しむ その1

GREEN BERET

57/1252本目は、片手のナイフで最終兵器に挑め!!「グリーンベレー」。

発売はコナミ。1987年4月登場。

アーケードゲームからのアレンジ移植版。「なんでナイフ片手で敵地に乗り込むんだよ」と思ったら「ナイフ以外の武器を紛失してしまった」と説明書に書いてあった…

何にしても基本ナイフで戦うストイックなゲーム。

ディスク両面ゲーム。

武器を紛失したのはこのパラシュートが原因だろうか…

面の途中が、ドラムリズム音だけの「アーケード版」とは異なり、しっかりとした「BGM」が存在する。曲調はいかにもコナミ的で「メタルギア」なんかに使われていそうな曲。また敵キャラの配色も違っていて、アイテムを出す敵は黄色に変更されている。

アーケード版にある「火炎放射器」は出てこない。最初に出てくる武器は「バズーカー」。

説明書で「空手兵」と記載されいている敵。ジャンプキックをしてくるので、こちらもジャンプで攻撃する。きっちり覚えていないと、毎回やれることに…

1面のボスは敵兵の集団。「バズーカー」でスポポンと蹴散らせば楽勝。

1面クリア。

2面。見張り台から銃を撃ってくる。

ナイフだけで敵に刃向かうくらいなので、攻撃速度は速い。

しかし、防御力は皆無。敵に少しかすっただけでもやられてしまう。なので、挟み撃ちにはとても弱い…ゲーム性はアーケード版と一緒。

コンティニューは3回まで使用可能。

地下に降りる隠しハシゴが出現する。

地下道には、アイテムを持った黄色い敵がうようよ出現する。ナイフだけの戦いにおさらば…

2面ボスは「ロケットマン」。

なんとか2面もクリア。

アーケード版には無い「ピストル」。一定時間ピストルが撃てるようになる。

こちらもアーケード版には無い「ラッキースター」。一定時間無敵。

すぐやられるのは一緒…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください