ファミコン版【ガンスモーク@カプコン】を楽しむ その1

GUN.SMOKE

54/1252本目は、さすらいの二丁拳銃!!「ガンスモーク」。

発売はカプコン。発売は1988年1月。

1985年に稼働開始したアーケードゲームのアレンジ移植版。アーケード版は、3ボタンゲームで同時押しも含めて6方向にガンを撃てる。残念ながらファミコン版は、コントローラーが2ボタンなので、同時押しも含めて3方向にしか撃てない。

説明書のストリーを見ると、主人公は「颯爽としたいでたちのガンマン」と書いてある。アーケード版は保安官の「ビリー」らしいが、別人か!?いや、きっとパラレルワールドか何かだろう…

ゲーム内では「ひとりのガンマン」である。

ステージ1のボス「バンデットビル」。賞金は「$10000」だ。

当たり前ではあるけれど、ファミコン風の画面になっている。とは言え、西部劇をイメージしたミュージック二丁拳銃を撃ちまくるゲーム性は引き継いでいる。難度もアーケード版より簡単で取っつきやすい。

得点がそのままお金になっていて、アイテム購入出来るシステムが追加。アーケード版との差を気にしなければ、普通に楽しめる。

白馬サンダーボルド」。3発までダメージに耐えてくれるアイテム。

アイテムを取ると、後ろから登場する…

「サンダーボルド」の背中に乗って戦うガンマン。

ショットガン」をぶっ放すガンマン。「青ヤシチ」は一定時間無敵の効果。

ちなみに武器は選択可能。

別のショップ。「テハイショ」を入手しないと、そのステージのボスが登場しない。武器や馬はともかく「テハイショ」まで売るなよ…

赤ヤシチ」は1up。

1面ボス「バンデットビル」登場。伏せている時は、ダメージを与えることが出来ない。

立っているときを狙え!!

撃破!!

賞金首をゲット!!


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください