MSX版【イー・アル・カンフー@コナミ】を楽しむ その1

Yie Ar KUNG FU

久しぶりの「MSX」。一・二・カンフー「イー・アル・カンフー」。

コナミから1985年1月登場。

思わせぶりな雑記から一転して…

日々是ファミコン。元旦からMSXという意気込み。パッケージは後期版。前期版はアーケードのインストカードのイラストと一緒。

MSX版の操作方法はファミコン版と異なる。ボタンが1つになっていて、かなり独特な操作性。技は各機種で最低の5つしかない

  • ハイキック
  • ローキック
  • 足払い
  • 正拳
  • とび横げり

特に「ハイキック」と「ローキック」は、レバーの斜めだけで出すという不思議。しかもこれが続編に引き継がれていたりする…

こちらはファミコン版の操作方法。ベースはMSX版だが、「パンチボタン」と「キックボタン」が独立していて技は7つ。かなり素直な操作に変更されている。

ファミコン版のベースがMSX版なので、画面はかなり似ている。両方やると分かるのだが、ファミコン版と比べてスピードが遅い。ファミコン版が「TURBO」である。

試合開始時。敵キャラが映るまでに少し間がある。

凄いところが燃やされる…

左右キーとボタンを押して「左右ジャンプ」、さらにボタンを押すと「とび横げり」が出せる。つまり、ボタンを2回押さないといけない関係上、ファミコン版では出せる、昇り跳び蹴りが出せない。

MSX版は2面の後が「ボーナスステージ」。ちなみにファミコン版は3面の後。

飛んでくる物もファミコン版とは異なる。何度も書くが、ファミコン版のベースがMSX版。逆ではない…

敵キャラは基本ファミコン版と同じ。

え!?ファミコン版と同じキャラ!?

確かに手裏剣投げてくるけど…

えーっと…

WU」は名前と肌の色がファミコン版と異なる。

もちろん飛ぶのは一緒。

VIDEO CARTRIDGE」という表現がなかなかレトロな感じ。

こちらはファミコン版。各種情報の配置が異なるのと、「LEE」のズボンの色が異なる。緑の屋根(?)も追加されている。

そして…

そうです。「LANG」さんと言えばこの方です!!

もう一度MSX版。違いすぎる(笑)


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください