アーケード版【餓流禍@コナミ】を楽しむ その1

DEVASTATORS

変換できない漢字シリーズ第三弾「餓流禍」。

メーカーはコナミ稼働開始は1988年。

今月のアーケード基板3枚目にして本年ラスト基板は「餓流禍」。沙羅曼蛇魂斗羅に引き続き漢字が変換できない当て字シリーズの一角。しかもやたらマイナーで、とてもコナミのゲームとは思えないほど知名度が低い。

ハーネスは「JAMMA」標準。「ガルカ」と書いてある。

ディップスイッチは3まで。

説明書。

インストを見ただけで、やたら熱そうで暑苦しいゲームだと分かる。「カウント内に敵地に乗り込めなければゲームオーバーです!!」という文字が強調されている…

縦画面。

警告表示。

デモ。二人同時プレイが可能。そろって手榴弾を投げるところ。

ゲーム編については「その2」で…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください