PCエンジン版【定吉七番 秀吉の黄金@ハドソン】を楽しむ その1

さだきちセブン

18/650本目は、スパイアクションコメディー小説のゲーム化「定吉七番 秀吉の黄金」。

ハドソン。発売は1988年11月。Huカード

PCエンジン登場から、ちょうど一年くらい経った頃に発売されていて、PCエンジンとしては初のアドベンチャーゲーム。これをぶつけてくるとは当時のハドソンさんもなかなか…

大阪弁おもしろ辞典」。「カス」の標準語は「かす」だそうです…

次回作で宣伝しているのは「ダンジョンエクスプローラー」。そんな時代です。

敵秘密結社の名前は「NATTO」=「ナットー」である。関西人がとても警戒しそうな組織ですな…

ゲームは全8章構成。

空中に浮いている青いモノは、定吉が投げた帽子。

ご隠居さん。すごい人相ですな…

キャラクターデザインは、漫画家の「安永航一郎」さん。

まずは、6枚の古文書を味方から受け取ることが任務。

マスやん」から一枚。ついでに見方のリストももらう。

カマやん」は酒を与えないと古文書をくれない…

お金を持っていないので「金子さん」から借りる。めぞん一刻に引き続き、また借金…

大阪商人宜しく。値切ってお酒を3000円にしてもらう。

酒を渡して、ようやく2枚目ゲット。

3枚目は「トラのすけ」からもらう。味方の写真を「マスやん」からもらえと教えてくれる。

その写真を入手。

第1章をクリア。ここまでのパスワードが表示される。さすがに1章とあってサクサク進んだ。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください