ファミコン版【ダーティペア プロジェクトエデン@バンダイ】を楽しむ その1

DIRTY PAIR

52/1252本目は、コードネームはラブリーエンゼル!!「ダーティペア プロジェクトエデン」。

発売はバンダイ。発売は1987年3月。

人気SF小説シリーズのアニメ化の映画化のゲーム化作品。意外にも純粋なコンピュータゲームは、これしか作られていないようで、検索してもパチンコゲーム以外は他に出てこなかった。まさかとは思うが、このゲームが原因だったりとかないよね…

ディスクシステムお約束のシール。アニメ系のシールは映えますな。

ストーリー。残念ながら、「ケイ」も「ユリ」も後ろ姿。

SCENE 1」は強制横スクロールのアクションシューティングゲーム。ご覧の通り、背景というか地形のグラフィックがヤバメである。「ユリ」の描写は悪くないので、少し残念。単価の安いディスクシステムが故の結果であろうか…

そして、その地形に挟まれてやられた時の画像。一瞬「え!?なんでやられた??」状態である…

一人プレイだと「ケイ」は「エアバイク」によるアイテム扱い。その「エアバイク」が破壊された時の画面。「ケイ」は足下からボロボロと消えていく。もの凄い悲劇だが、ゲームは普通に継続される…

「エアロバイク」に乗っている時はこんな感じ。弾がツインになって、かつ高速移動できるが、操作感が独特で扱いが難しい。画像は「SCENE 1-1」クリアの直前。

SCENE 1-2」。こちらの弾が当たらない敵が出現する。全体的に敵の動きがトリッキー、かつ基本1発でやられるので結構難しい。キャラクターモノだけにもう少し気持ちよく遊べてもいいのにと思ってしまう。まあそれは「鬼太郎」とかもそうなのだが…

ブレスレット」を取ると一定時間無敵になるので、その間に「エアバイク」で移動を稼ぐのが、攻略ポイントだろうか…

SCENE 1-3」。下にいる弾を出して来るやつは倒せない。こういう敵が結構多い。

やはり無敵時間に高速移動でぶっちぎる。

SCENE 1-4」。これも地形に挟まった時の画像…

不気味な敵が多い…

無限の「CONTINUE」を使いまくり、「SCENE 1」クリア。

SCENE 2」は自由移動によるアクションゲーム。奥行きがあるので、「ユリ」の前姿が拝めます。(-人-)

ちなみに前を向いているのに、弾は真横に撃てる。

右側にある「ディスク」を8枚収拾することがクリアの条件。ちなみにこの緑の敵「ターミネーター」は倒せない…

階段を上るところ。「ユリ」の後ろ姿が拝めます。(-人-)

SAVE」が出来るのは有り難い。これがないと、かなり苦しい戦いが予想されるし…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください