アーケード版【魂斗羅@コナミ】を楽しむ その1

CONTRA

激ムズアクションシューティング「魂斗羅」。

メーカーはコナミ稼働開始は1987年2月。

今月のアーケード基板2枚目は「魂斗羅」。「沙羅曼蛇」稼働の翌年2月。コナミの名作がバンバン登場していた時代を感じる一枚。そして、難しい漢字シリーズの一角でもある。ノーマルの魂斗羅は、「ファミコン」や「MSX2」でも発売されているけど、正直えらい高くて迷惑な存在。基板も普通に考えたら高いけど、オリジナルであることを考えると、むしろリーズナブルな気がしてくるから不思議である…

上記画像の中央には基板の「ディップスイッチ」、下部のコネクタは「JAMMA標準」。

如何にもCPU的なモノが2つ。

沙羅曼蛇」と同じく、サウンドは「モノラル」、「ステレオ」の切り替えが可能。ボリュームもLRそれぞれで調整出来る。

外部にステレオ出力するためには、左のコネクタにケーブルを接続する。「沙羅曼蛇」と同じケーブルが使用可能。

マニュアルのコピー。配線図が記載。

遊び方、サウンド出力に関して、各種テスト、ディップスイッチについて記載。

インスト。

ファミコン版魂斗羅のイメージから横画面を想像してしまうが、オリジナル版は縦画面。

デモから。二人同時プレイが可能。

ハイスコア画面。

ゲーム編については「その2」で…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

8件のコメント

  1. テラドライバー

    うちにあるゲームの基板はリブルラブルだけ。
    68Kとゲーム音楽が好きになったきっかけです。
    このゲームに出会わなかったら多分メガドラもテラドラも買ってなかったと思います。

    当時のパソコンでのモッサリグラフィック画面と違って
    引き延ばしたラインがそのまま動くとか、画面の塗りつぶしが一瞬で終わるとか
    それまでの自分の中の常識をあっさりと変えてしまった衝撃タイトルです。

    ちなみにリブルラブルの自己最高は40面到達(クリアした事が無い!)と奇跡28回です。

    返信
    • ストリームマン

      おお!
      リブルラブル!!
      ”日本のテレビゲームで初めてCPUに「MC68000」を使った”とか、知りませんでした。。。
      X68Kに移植されるのも必然でしょうか。

      そのリブルラブルを「基板」でお持ちとは本当に衝撃だったんですね。
      「奇跡」という呼び名がなかなか秀逸ですが28回とか数えているのが素晴らしいw

      返信
    • ストリームマン

      テラドライバーさん

      ところで、リブルラブルの基板を遊ぶ時は、
      左右のレバーはどうされてますか??
      自作のコントローラーやハーネスを使っているとか、
      まさか、純正の筐体をお持ちですか!?

      返信
  2. テラドライバー

    自作のジョイスティックを使ってます。
    だからジョイスティックを作る時は絶対に2レバー仕様!

    とはいっても基板の方はしまい込んでしまっているので実機で遊ぶ事はないですけどね。
    ディスプレイはその昔アナログ21ピン付きのテレビが有ったのでそっちを使ってましたが
    そのテレビが壊れてからはテラモニターで遊んでました。

    家庭用ゲーム機(ファミコン、MD、PCE、SS)は全てそのジョイスティックでやってました。
    2レバー8ボタンで各機種に合わせたコントロール基板を差し替える形にしてました。

    現在は、新しく作り直し中で止まってます。仕様としては2レバー12ボタンでPC専用。
    PCとの接続はジョイスティックとしてではなく、キーボードとして接続する予定です。
    アナログ入力のゲームは多分手を出さないので。

    どうしてもアナログ入力が必要な時はボタン入力20個+フットスイッチ3個の
    自作ゲームパッドを使用してます。

    各種ゲーム機用のパッドをUSB変換するアダプタも持っているので
    本気のアナログ入力の時は・・・X68Kサイバースティックか電波の通称カブトガニを使います。

    根っからのゲーム小僧(だった)なので環境はかなり拘ってますねw

    返信
    • ストリームマン

      テラドライバーさん。
      ご回答有り難うございます。

      流石としか言いようがないですww
      しかも各家庭用ゲーム機に流用可能とか素晴らしすぎです。
      作成中のジョイスティックも素敵な仕様で本当に拘ってますねww

      返信
  3. テラドライバー

    そういえば・・・コナミの基板ってグリーンベレーあたりから急に小さくなりましたね。
    それまではバブルシステムだとかイカツイ基板だったのに。

    返信
    • ストリームマン

      そのあたりから技術革新があったのでしょうか。
      バブルシステムのゲームでも今や。。。

      でも魂斗羅なんかは、かなりコンパクトで、
      Mr.五右衛門は、さらにコンパクトです。
      かなり助かります。
      それでも今の時代にしたら、かさばって仕方が無いですがww

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください