レトロゲームを【FRAMEMEISTER@マイコンソフト】で楽しむ その3

フレームマイスター

レトロゲームを楽しむ為の環境シリーズ。その1その2に引き続き、XRGB-mini FRAMEMEISTERその3。

今回は、フレームマイスターの「音声設定」について。

多岐にわたるフレームマイスターの設定。

RGB_AUDIO」で「RGB入力」時の「音声入力」を切り替え可能。

「RGB」から音声入力。映像と音の両方をRGBから入力する場合はこちら。

VIDEO」にすると、「AV IN」の「AUDIO L/R」から音声入力可能。これによって、テラドライブで使用したVISEO MDT-152Xと同じく、映像と音を別々に入力出来る

当たり前のことを言っている気もするけど、例えば「テラドライブ」は、音がVGAから出力されないため、このような手段があると、フレームマイスターのHDMI出力先(例えば液晶TV)に映像と音を一緒に出せて便利なのです。

また、沙羅曼蛇の基板はステレオ出力可能だが、その為には別途オーディオケーブルから外部に出力しないといけない。この場合も映像と音を一緒にフレームマイスターで入力して、HDMI出力出来るので、別途オーディオ機器やスピーカーが不要になります。

そんなこんなで、いつも頼りになるフレームマイスターでした。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください