PCエンジンソフトを【PCエンジンコアグラフィックス@NECホームエレクトロニクス】で楽しむ その1

PC Engine CORE GRAFX

ファミコン・スーパーファイコンの好敵手。メーカーはNECホームエレクトロニクス

ツインファミコン不調の間に登場するのはPCエンジン。こちらも想い出深い名機です。今回手に入れたのは「コアグラフィクス」白い初代PCエンジンは画像出力がRF、CD-ROM2一体型のDuoシリーズは壊れやすい記憶もあり、コアグラフィクスに決定。

お値段も割とリーズナブルだったこともあり、Amazonでポチリ…

益々泥沼に…

一緒に付いていたコントローラーはアベニューパッド33ボタン対応が嬉しい。操作性は概ね良好も、IIボタンが少し引っかかる。個体差かどうかは不明…

CORE GRAFXの標準コントローラーはこの画像のやつ。

映像出力のAV端子。

ACアダプタ端子。ファミコン・スパーファミコン等と同等。

PCエンジンと言えば…

  • デカキャラ
  • グラフィクスが綺麗
  • 家庭用ゲーム機で初のCD-ROM採用

デカイのは恐らく「THE 功夫」とか「R-TYPE」なんかの印象だったと思う。また画が綺麗で、アーケードゲームの移植はファミコンと比べてかなり優れていた。そりゃあ買うよね、ゲーム少年。

CD-ROM2などを接続する重要な拡張端子。

この端子が当時も今も新たな道を切り開く…

この話はまたそのうち…




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください