PCエンジン版【戦国麻雀@ハドソン】を楽しむ その1

SENGOKU MAHJONG

16/650本目は、麻雀で天下統一!!「戦国麻雀」。

ハドソン。発売は1988年7月。Huカード

上海からの麻雀牌繋がりで「戦国麻雀」。流れ的に「三国麻雀」じゃ無いのが少し残念だけど…

こんなキャラクター達を相手に麻雀で天下統一を目指す。「戦国時代」と「麻雀」の組み合わせが、なかなか良いマッチングだと思いましたよ。当時両方好物だったストリームマンは食いつきました(笑)

ルール設定。個人的には「フリテンリーチ」は「有」にしたい。

もちろん麻雀で天下統一を目指す「合戦モード」で遊ぶ。

なんとなく「徳川家康」を選択。

周辺の領土を所有しているキャラクターと対決。

開始時の口上。

北条氏康」に満貫を喰らわした図。

まさかの「ホウテイロン」までついて、満貫。

一位で終了。

領土を拡大し、次の「半荘」に挑む。

お約束の口上。

ここでも勝利!!

ジャンジャン領土を拡げ、次の対戦相手と「半荘」。

残念ながら2位。

領土は拡大出来ず、また「半荘」が始まる…

麻雀自体はサクサク動いて軽快なんだけど、相手の食った牌が一画面で見られないのは苦痛。いちいちメニューを開いてスクロールは面倒。また合戦モードには「パスワード」を用意して欲しかった。実際のドキドキを多少感じられるかもしれないけど、一気にやるのは厳しい。

以上、「戦国麻雀」でした。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください