アーケード版【ソロモンの鍵@テクモ】を楽しむ その1

SOLOMON’S KEY

固定画面アクションパズルの名作「ソロモンの鍵」。

メーカーはテクモ稼働開始は1986年7月。

今月のアーケード基板は「ソロモンの鍵」。ちょうど沙羅曼蛇と同じ時期の稼働。世代的なものか、この頃のゲームに思い入れが強い。画像は基板の「ディップスイッチ」。

YAMAHAのICとサウンドボリュームコントロール。

ハーネスは「JAMMA標準」。逆指し防止の為、6番、7番ピンの間にも未使用なピンが存在する。説明書には「ポラリティキー」と記載されている。

テーカンと「テクモ」のダブルネームが記載。

2枚基板。もう一枚側。

取り扱い説明書。

「ピン配置」と「ディップスイッチ」の説明。「JAMMA」のことは、「JAMA」と記載されている。

インスト。

ゲーム説明専用のデモ画面。デモ画面は、お金が無くてもゲームを研究出来る、重要な要素。思わず、「あーそういうことか」とゲーセンでつぶやく…

魔法で石を出したり、消したり出来る「マジックボタン」の使い方が、ポイントだと分かるデモ。

「マジックボタン」で、「火」を小さくすることも可能。

魔法の壺」を取ると「ファイアボール」を撃てるようになる。石を上って敵を攻撃出来る。

ライラックの鐘チャイム)」を取ると「妖精」が出現。10人助けると「1up」。

」を取って扉に入れば、ラウンドクリア。

ゲーム編については「その2」で…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください