ファミコン版【スマッシュピンポン@任天堂】を楽しむ その1

KONAMI’S PING PONG

48/1252本目は、卓球ゲームのレジェンド「スマッシュピンポン」。

メーカーは任天堂発売は1987年5月。

コナミのピンポン」のディスクシステム移植版。任天堂からの販売で、「ディスくん」や「ドンキーコング」が登場。

お茶目なディスくん。コピーライトは「任天堂」と「コナミ」のダブルネーム。任天堂もかなりスポーツゲームに強いと思うのだが、卓球ゲームはこれに及ばないと思ったのか、ちょっと珍しい感じのコラボとなった。

コンピューターのレベル設定。

1987年当時としては、少し古い感じの画面。特に背景は2色しか使用されていない。これは「コナミのピンポン」と同じ。最初に出た「MSX」のスペックに引っ張られているのは少し残念。

分かりにくいが「スマッシュ」の瞬間。

スマッシュのスピードはかなり速くて、本物さながら。

「バックハンド」も使用可能。画面の色数はともかく、かなり「卓球」していて面白い。移動は自動なので、打ち返すことに没頭できるシンプルな操作性。

卓球台にラケットを置いて悔しがっている様子。手とラケットだけではあるが、芸が細かい。

1セット先取。右側のコングが喜ぶ。

今度は取られる。コングが悲しむ…

ディスくんのダンスが追加されている。

勝利!!

調子にのってレベル3にチャレンジ。

敗北…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください