アーケード版【沙羅曼蛇@コナミ】を楽しむ その2

SALAMANDER

その1に引き続きその2。今回はゲーム編。コントロールボックスの1Pを4方向にしたままなので、2P側でプレイ。いわゆる赤い機体の「ロードブリティッシュ」だ。

沙羅曼蛇の1面と言えば細胞ステージ。思わず口ずさむほど音楽も定番。それだけ1面ばかりやっているという話なのだが…

アイテム性なので、初っぱなから「フォースフィールド」や「リップルレーザー」などが出現する。すぐに立派な装備になる。

マルチプル」と「ミサイル」。ミサイルは、発音良く「ミッソウ!!」と言おう。

スピードアップ」も発音良く「スピーダッ!!」と言うべき。

細胞をボコボコと撃破しながら進む。

ゴーレム」登場シーン。もちろん、あのボス用ミュージック。ステレオだと更に感動。ボス戦が盛り上がるというもの。

ファミコン版だと背景が消えてしまうが、オリジナルのアーケード版はそのまま。画面の狭さが若干難度を高める。

弱点はやっぱり、大きなおめめ。

「ゴーレム」撃破!!

機体の向きを縦にチェンジして背景が消えて行く…

2面は縦スクロール。

1面には出現しない「レーザー」が登場する。

すさまじい貫通力を誇る。

2面のボス。「巡洋艦テトラン

「テトラン」撃破!!

今度は機体の向きを横に変更。そして灼熱の3面へ…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください