PCエンジン版【ファイヤープロレスリング コンビネーションタッグ@ヒューマン】を楽しむ その1

Fire Pro Wrestling Combination Tag

12/650本目は、ファイプロ第1作「ファイヤープロレスリング コンビネーションタッグ」。

ヒューマン。発売は1989年6月。Huカード

「ヒューマン」のPCエンジン参入ゲームにして、超看板タイトルの「ファイプロ」。当時買ったなぁ。それに楽しかった。プロレスゲームとしては、元になったファミコンディスクシステムの「プロレス」と共に革命的な存在。

  • キャラが多彩
  • 技が多彩
  • 演出が多彩

その他、足や腕などにダメージが蓄積されたり、体力回復が遅くなる「流血」システムなど、しっかり「プロレス」のツボを押えているのが嬉しい。

入念に使い込まれた説明書。相当遊ばれたことが分かる。

タッグチームと選手の紹介。最強チームをチョイス。この二人を含め、モデルとなったレスラーはプロレス界のレジェンド達。

芸の細かい演出。

コーナーポストから、必殺の「ギロチンドロップ」。かなり強力。

タッグならではの展開やコンビネーション。

場外乱闘。

絞め技によるギブアップ。

キャプチュード」。が炸裂。

重い「エンズイギリ」…

ウィー!!

各レスラーの必殺技で会場が盛り上がる。

見事クリア!!

カップが持って行かれ…

スタッフロールの後、怪しいコマンドが表示される。

コマンドを入力するとタイトル画面の色が変化し、「2周目」がプレイ可能。

2周目は、最後に隠しチームが出現。

破壊力抜群の「ジャーマンスープレックス」。このチームはとにかく強い。腰を落とす瞬間が見えないため、完全に感覚だけが頼り。

ゲームオーバー


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください