ファミコン版【忍者COPサイゾウ@九娯貿易】を楽しむ その2

Wrath of the Black Manta

前回に引き続きその2。子供達を助けるため一人組織に潜入するサイゾウ。いかにも忍者な格好で扉の前に待機するサイゾウ。扉は、このゲームのキーポイントになる。

扉の中では、こんな感じでいかにも悪そうな奴らが待ち構えていたり。

子供が捕まっていたりする。

部屋の敵を倒すと子供との会話シーンが始まる。

オウム返しを好むサイゾウ…

「ソウカ シラナイノカ!!」ってそこまで強調しなくても。しかも、「マッ!! イイカ ジャナ..」とか、ありえない軽いノリのサイゾウ。

ほとんどコント状態…

やたら組織について詳しい、息子の「サスケ」。しかも手紙を置きまくる余裕有り。流石忍者の息子…

この奥に1面ボスの「モロゾフ」が待ち構えている。

でかい!!これは本気ででかい。「背景が真っ暗」になってしまうのも無理は無い。「サスケ」が教えてくれた弱点の頭に手裏剣を撃ち込む。

なにやら衝撃波も撃ってくる。

CONTINUEは無制限だが、面の最初から再開される。

「いつの世でも、影だけに生きる男がいる。サイゾウ。特殊工作員。年齢、国籍不詳。孤独を感じたことがない。なぜなら、彼はいつも孤独の中にしかいなかったから。以下省略…」


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください