ファミコン版【オペレーション・ウルフ@タイトー】を楽しむ その1

OPERATION WOLF

39/1252本目はマシンガンシューティングのパイオニア「オペレーション・ウルフ」。

メーカーはタイトー発売は1989年3月。

アーケード用ガンシューティングゲームのファミコン移植版。アーケードでは特殊筐体でのモデルガン操作だが、ファミコン版では、「光線銃」、「トラックボール」、「JOY PAD」の3つから選択可能。

トラックボール使用に関するお願い。「連続30分を限度」と書いてある。そんなにやばい代物なのだろうか。また、遊べる筈の「光線銃」だが、「戦場選択画面」でいくら撃っても選択できず、遊べなかった。「光線銃」が壊れたのかと思い、「ダックハント」を試してみたが、そちらは大丈夫だった。謎である…

まあ、なんだかんだ普通のパッドで「作戦開始」!

「光線銃」ではこの画面から先に進めなかった。パッドではもちろん問題ない。

ダメージ、弾薬数に気をつけながら、決まった数の敵をぶち倒すのが基本ルール。シンプルなのが面白かったりする。パッドの操作も思ったほど悪くなく快適。対アーケード比では、どうしても不利なのだが、家庭用ゲームとしてしっかり遊べる一本だと思う。

ちょいちょい出てくるグラフィック画面。

このミッションをやっておくと、弾薬が尽きたときに完全補給できるアイテムが出現する。

ダメージに余裕があるなら、先に「ジャングル」をクリアしてから来た方が良いかも。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください