ファミコン版【ファミリーピンボール@ナムコ】を楽しむ その1

ファミリーピンボール

37/1252本目は「ファミリーピンボール」。

メーカーはナムコ発売は1989年3月。

ちょっとハードなゲームが続いたので「気楽にピンボールでも」。と思ってチョイスした一本。それにしてもナムコのハードケースは頑丈。多少色あせはあるけど、紙の箱と比べると安心感抜群。

4つのモードから「パックマン」モードを選択。と言ってもパックマンが出来るわけでなく、通常タイプのピンボール。

キャラ選択。キャラ毎にフリッパーの大きさや動き方が異なる。

上下2段のパックマンモチーフのピンボール台。中々ポップな作り込みで、実物があったら欲しくなりそう。置き場所無いけど…

気楽な気持ちでプレイしたのは間違え。あっさりゲームオーバー。画面は見られていないが「スペシャルステージ」には「大パックマン」や「モンスター」が登場。画面を切り替えた演出が可能なのも、ビデオゲームピンボールだからなせる技。

ゲーム上で「ささやかな夢」を適えてくれる「9ボール」モード。

「ささやかな夢」の一覧。

手持ちの1000コインを全て投入。4つのコーナーにボールが入って、かつボーナスポケット「1」の場所に入ったので合計3倍。3000コインが払い戻し。

やはり3000コイン全てを投入。5ゲームで目標到達しないと「ささやかな夢」はかなえられないため、一発勝負が続く。結果は縦横一列ずつで2倍。6000コインが払い戻し。

役が付かず終わり…

バトルフリッパー」モードを選択。さらに三種類の遊び方が選択可能。

フリッパーを攻撃用(上の画面)、防御用(下の画面)に切り替えながらプレイするのが面白い。対戦だと燃えそう。ただし、上下が入れ替わるのがどうも慣れない。上になるとかなりの違和感。

慣れないまま終了…

スポーツ」モード。「サッカー」と「アイスホッケー」が選択可能。

やはり上下が入れ替わるのが慣れない。家庭用据え置きゲームではなかなか厳しい問題。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください