レトロゲームを【FRAMEMEISTER@マイコンソフト】で楽しむ その1

フレームマイスター

レトロゲームを楽しむ為の環境シリーズ。今回は、マイコンソフトの「コンパクト・アップスケーラー・ユニットXRGB-mini FRAMEMEISTER

フレームマイスターは、「ビデオ/S端子、21ピンRGBマルチなどをデジタル変換してHDMI出力する」という、レトロゲーム環境にとって強力な機能を持っている。ストリームマン的には、「21ピンRGB出力を持つオールドゲーム機の映像及び音声をGV-HDRECに出力し、そこからさらにREGZA 24S11に表示する」という目的で使用している。「フレームマイスターとGV-HDRECが無いとこのブログが始まらない」というくらい重要な機材だが、ただゲームするだけにしても鮮明な映像をテレビに映すことが出来るため、とても価値がある商品と言える。

RGB21ピンを直接入力するためのケーブルが付属している。

こんな感じでコントロールボックスの出力をフレームマイスターで入力する。

HDMI」に出力可能なため、諸々便利。

アーケード基板を普通の液晶テレビに映して楽しむことが可能。ただし、特殊な同期信号を出力する「スパルタンX」は表示出来なかった。この話はまたそのうち…

RGB出力可能にした「ニューファミコン」や「ツインファミコン」のとても強い味方となる。

ビデオ/S端子の入力も可能

各種設定を行うためのリモコン。

本体のボタンで操作することも可能。

外箱。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください