ファミコン版【沙羅曼蛇@コナミ】を楽しむ その2

沙羅曼蛇

前回に引き続きその2。なかなか中毒性のある名作。「覚えゲー」の要素も高いが、その分やりこむと進んでくるため楽しくなる。パワーアップ順番の戦略や「レーザー」、「リップルレーザー」の選択など、徐々に自分の「沙羅曼蛇」が構築されていく感じが面白い。

ファミコン版オリジナルの龍「プラウラー」を撃破したところ。

3面ボス。「イントルーダ」。ファミコン版では頭部だけになってしまった。攻撃は直線的なので、装備がしょぼくても倒せる。

4面は再び縦スクロール。ファミコンオリジナルステージ。

細胞的なステージが多い。この辺りは「強制高速スクロール」が展開される。道順次第ではパワーアップカプセルを大量にゲット可能。

これを早めに撃破しないと面倒なことになる。

さらに内部へと進行する…

肋骨。その骨の先からレーザーが襲ってくる。たたし、中央下側にいれば当たらない。小骨にも気をつけて先へ進む。

4面ボス、「ギーガ」。画面は「リップルレーザー」だが、「レーザー」だと楽だった。

「目玉」が分離して攻撃してくる。

5面。こちらもファミコンオリジナル。

ビッグコアミニ」とでも言えばよいのだろうか…

神殿的な建物の内部に進む。ちなみに「フォースフィールド」は、自機のグラフィックと「フォースフィールド」のグラフィックを交互に切り替えて表示している。なので、スクリーンショットのタイミングではこの画面の様に自機が消えてしまう

動く柱。ここに1つだけ動かない柱があって、見事やられた…

壊せる部分からカプセルを発掘可能。

5面ボス、「ツタンカーム 」登場シーン。壁が崩れていく…

そこそこの装備で太刀打ち可能。

次回はいよいよクリアなるか!?


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください